あなた無しで生きる明日を・宇多田ヒカル『桜流し』

 

 もうすぐ今年が終わる。

 昨年もそうだったけれど、震災後の年越しには後ろ髪を引かれる様な思いがある。それは恐らく、あの震災が少しずつ過去のものになって行くという事に対する抵抗感なのだろう。
 震災からの復旧、復興という言葉が繰り返される中で、先の見えない原発問題を抱えたままのこの国はどこに向かおうとしているのか。被災地の外に住む人々から震災に関する記憶が薄れて行く中、ある意味でまだ震災の延長線上を生きている自分は呆然と立ち尽くしている。もちろん、そんな自分の事情など斟酌せずに時間は過ぎて行くけれど。

 「過去ばかり振り返っていては生きて行けない」「過去は過去として、未来を見据えて前向きに生きなければならない」と言う人がいる。それは正しいのだろうと自分も思う。でも、他の人にとっては既に過去のものとなっている事でも、それを抱いたまま現在を生きている人間もいるのだ。その事を知って欲しいし、許して欲しいとも思う。
 幸いにも自分はこの震災で親しい人との死別を経験せずに済んだ。しかし中には家族を失った人だっている。その記憶を忘れずにいようとする事、過去を振り返ってしまう事、そうしなければこれから先に進めない事を許して欲しい。過ぎて行く時間は誰にも巻き戻せないとしても。

“もし今の私を見れたなら
 どう思うでしょう
 あなた無しで生きてる私を”

 『桜流し』より

 少し昔の話をしようと思う。少し、といってももう20年以上前の話だが。
 中学生の頃、同級生が亡くなった。交通事故だった。
 今30代の自分は、その同級生の2倍以上の人生を生きている事になる。死んでしまった同級生と自分との間に、生死を分ける程の違いがあったとは思わない。同級生を襲った災難が自分に降り掛かっていたとしても何らおかしくはなかった。しかし結果として事故に遭ったのは同級生であり、自分ではなかった。
 今思えば、自分はその時の記憶を抱えたままでこれまで生きて来たのだろう。常に後ろを振り返りながら、生きて来たのだろう。過去を過去にできないままで。だから今回の震災で大切な人との死別を経験した人達も、まだその別れを過去のものにできないでいるのだろうと思う。決してその人達の『気持ちがわかる』などとは言えないけれど。

“もう二度と会えないなんて信じられない
 まだ何も伝えてない
 まだ何も伝えてない”

 『桜流し』より

 もう伝えられない言葉を抱えたままで、忘れられない思いはそのままで、自分達はこれからも先へと歩いて行く。仮に自分の足で歩けないままでも、時間がその背中を押してくる。そうやって自分達は否応なくどこかへと運ばれて行くのだろう。今年がもう少しで去年になる様に、震災もまた確実に過去の出来事になって行く。そんな時間の流れの中で自分に出来る事があるとすれば、それは自分がまだ生きているという事の意味を考え続ける事だけだ。「亡くなった人の分まで生きる」という言葉をよく耳にするけれど、少なくとも自分にはそれは出来ないから。

 今日は昨日になり、今年は去年になる。そしてやって来る明日が今日になり、来年が今年になる。今日が一年の節目というだけで、生きるという事は本当にただそれだけの繰り返しなのかもしれない。でも自分はそこに何かの意味があって欲しいと願う。それが無駄でない事を願う。その願いが叶うかどうかは分からないけれど。

 

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

夢見る頃を過ぎても・BUMP OF CHICKEN『firefly』

 

 人間生きていれば必ず『夢を諦める時』が来る。小さい頃に抱いた夢を大人になって実現したという人は稀だろう。そういう人は幸運だし、何より夢を実現する為の努力を惜しまなかった人だ。

 こんな風に書くと、夢を叶える事は素晴らしくて、夢を諦めない事は前向きな事で、夢を叶えられなかった原因はその人の努力が足りなかったからで、夢を諦めてしまうのはその人の意思が弱いからだ、という風に聞こえる。そしてそれは概ね正しいのかもしれない。でも例えばの話だけれど、高校野球で甲子園に出場できる学校は全国に数える程しかない訳で、その中で更に優勝を勝ち取る事は本当に難しい事だ。全国の高校球児達が目標にする頂点は、選ばれた者しか立つ事を許されない。これは純然たる事実として、ほとんどの高校球児達はその夢を掴む事が出来ない様になっているという事だ。高校三年間、どんなに練習に打ち込んでも、全てを野球に捧げたとしても、叶えられない夢はある。そして夢が叶わなくても、人はその先へ進んで行かなければならない。夢が叶わなかった後の世界の中で生きて行かなければならない。

 これは別にスポーツの世界だけの話ではなくて、何だって同じ事だ。プロ野球選手になりたい人が全てプロになれる訳ではない様に、作家になりたい人が全て作家になれる訳ではない。いつかメジャーデビューしたくて路上ライブをやっているバンドは全国に数多くいるだろうけれど、彼等の全てがメジャーへの切符を手に入れられる訳ではない様に、芸術家として生きて行こうとしても、誰からも作品が認められないまま終わる事だってある。

 夢を叶えたくて、それをこの手に掴みたくて、人は手を伸ばし続けるけれど、それでも夢に届かなかった時、自分達は夢を諦める。それを追いかけ続ける事に疲れて。或いは生活の為に。でも確かなのは、夢を諦める決断をするのはいつも自分自身だという事だ。そして自分達はその時の記憶を抱えて生きて行く。夢が叶わなかった世界で、その先の日々を生きて行く。嫌だから、辛いから、もう生きている事自体をやめてしまおうか、という訳には行かない。

“物語はまだ終わらない 残酷でもただ進んでいく
 おいてけぼりの空っぽを主役にしたまま 次のページへ”

 『firefly』より

 世の中に『応援ソング』っていう奴は数多くあって、それは沢山の若者を勇気付ける。夢に向かって諦めずに進み続ける事。自分の中の可能性を信じる事。そしていつか夢を叶えるんだ、その為に頑張るんだと歌い続ける。それはどこまでも正しくて、綺麗で、尊くて、だから自分はつい耳を塞いでしまう。
 もちろん、現在進行形で夢に挑む人達にはそういう歌があればいい。常に前を向いて進んで行ける為の歌、その背中を押してくれる歌さえあればいい。後ろを振り向く必要はないから。立ち止まっている暇はないから。でも自分の様に、一度は夢を諦めて立ち止まってしまった人間が、それから先も続いて行く日々をどう歩いて行けばいいのかという事に目を向けてくれる歌はあまりない。
 それでも大人として、社会の中で生きて行く事。生活の為に仕事をして金を稼ぐ事。いつからか毎日がその繰り返しで、それはこっちの心の都合なんて考えてくれない。

“大人の顔をしてから 生き方がちょっと 雑になった
 普通の事だし 普通が大変で 時間に大体運ばれた

 尖った言葉が的確に 胸を貫いて 転がって冷えた
 何も出来ないよ 震えながら 押さえつけていくのだろう”

 『ほんとのほんと』より

 本当は叶わなかった夢なんて忘れてしまって、自分がそれを追いかけていた事があったなんて過去はどこかに捨ててしまって、二度と思い出さなければ楽なのかもしれないと思う。でも実際は野球で結果を出せなかったかつての野球少年が野球を嫌いになる事が無い様に、作家になれなかった人間が本を嫌いになる事が無い様に、自分達はその夢が今もどこかで輝いている事を知っている。自分の手が届かない場所で輝き続けている事を知っている。それに唾を吐く事も、泥を塗る事もできなくて、だからこそ『諦めてしまった』という傷を抱え続けるしかなくなる。夢なんて若さが見せた錯覚で、あんなものに価値は無かったんだなんて、ゴミだったんだなんて言えないから。それが本物だった事は自分が一番よく知っているから。

 ……何だか上手くまとめる事が出来ない。これ以上言葉がない。

 ただひとつ言える事は、このCDに収められている曲は、夢を諦めた世界で生きる自分達の方を向いていてくれるという事だ。今はその事実があればいい。今日も、明日も生きて行く為に。『命の仕掛け』が尽きてしまわない様に。
 
 

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

日々を生きる僕らの武器・amazarashi『爆弾の作り方』

 

 唐突だけれど、自分は中二精神っていう奴は意外と必要なんじゃないかと思っている。何に必要かというと、多分生きて行く上で。

 よく言われる『中二病』とか『厨二病』っていう奴は、今ではかなり広義な意味で使われていて、中学二年生頃、つまり思春期特有の自意識過剰やコンプレックスの裏返しから来るイタい言動のみならず、思春期をとっくに過ぎた大人達がたまに見せる年齢相応ではない青臭い言動や、中二的精神や価値観から生まれる表現全般を指す言葉でもある。で、大抵の場合そうしたものは他の大人から呆れられ、嘲笑される。それが「いい加減大人になれよ」っていう奴で、その言葉に対して「じゃあ、あんたがたが言う『大人』って何なんですかね?」と質問で返してしまう様な精神構造が、それこそ『中二』っていう奴なんだろう、きっと。

 部分的にではあるにせよ、精神構造が中二止まりという事が、大人として社会生活を営む上でどれ程の障害になるのかは知らないし知った事でもないが、本当の中学二年生が考える様に「『大人』と『子供』の間が断絶していて、両者はもう違う生き物なのだ」と言えるのかといえば、当然の事ながらそんな事はない。大人はかつて子供だったのだし、ある日を境に大人という別の生き物に変わるなんていう器用な事は出来ない。言い換えれば、そんな事が出来るのならこんなに苦労はしていない。まあいいんだけど。

 人間は変わるもので、子供はいつか大人になるものだ。それは何かの通過儀礼を経て、というよりも、周囲から大人としての振舞いを要求される年齢になれば、その心根がどうであれ、人は自然と大人として生きるしかなくなるという事だと思う。それを断固として拒否する事が『強さ』なのか『弱さ』なのかは見方によると思うけれど。

 ……と、ここまでが長い前置きで、何が言いたいかといえばそれは最近『amazarashi』の曲を聴いた、という事だ。『雨曝し』という言葉をバンド名にした事について、ボーカルの秋田ひろむ氏はネット上で公開されているインタビューの中で『日常、降りかかる悲しみや苦しみを雨に例えてつけました。僕らは雨曝しだが“それでも”というところを歌えたらなと思って』と述べている。なるほどね。
 シングルで曲を発売する事をせず、ミニアルバムとフルアルバムを何枚か出しているバンドなので、自分もとりあえず一通り聴いてみたのだけれど、良くも悪くも人を選ぶバンドだなという気はする。それこそ中学生ならともかく、例えば30代の自分の様な奴が、フルアルバムの『千年幸福論』とかをぶっ続けで聴くのは結構精神的にくるものがある。同じフルアルバムでも『ラブソング』の方は割と聴き易い気がするのだけれど。

“未来には期待しないよ 息も出来ないよ 夜の闇の中 不安で眠れない
 愛されるだとか 愛するんだとか それ以前に僕ら 愛を買わなくちゃ”

“急いで買いに行かなきゃ 誰よりも多く買わなきゃ
 奪ってでも手に入れなきゃ
 愛を買わなくちゃ”

 『ラブソング』より

 ……まあ聴き易いと言ってもこんな歌詞なんだけれど。
 世に溢れるラブソングに対する皮肉として出来た曲だそうなのだけれど、愛とか恋とか、そういうものを歌った歌ですら値段が付いて店頭に並ぶ商品な訳で、更に言えば愛そのものだって金で売り出される時代に、自分達は金を払ってそれらを買い漁っているのかと思うと溜息が漏れる。「いつから愛や、愛の代替品は商品化され、金で買える様になってしまったのか」というよりも「昔からそれらは売り物としてあって、それが『金で買える』事に自分達が気付いたのがいつだったのか」という事の方が問題なのかもしれないけれど。

 この様に、歌詞に特徴があるというか、全体的に厭世的なのに、どことなく中学生の様な潔癖さを感じさせる所が彼等の持ち味なのだろうけれど、数ある彼等の曲の中で自分が最も共感したのは『爆弾の作り方』という曲だった。

“行き場の無いイノセンス イノセンス 今に見てろって部屋にこもって
 爆弾を一人作る 僕らの薄弱なアイデンティティー”

“許されない僕等が 許されるための手段
 傷つきやすい僕等が 身を守るための方法
 僕は歌で 君はなにで?
 僕は歌で 君はなにで?”

 『爆弾の作り方』より

 爆弾っていうのは武器で、当然敵と戦う為にある。じゃあ自分達が戦うべき敵って誰だよ、という事になるのだけれど、大抵の場合その正体は漠然とし過ぎていてわからずじまいだ。ただ、彼等が生き残る為の方法として歌を歌う様に、自分はここでこうして誰の目に留まるとも知れない文章を書いている。だからきっとこれが自分にとっての爆弾で、生きて行く為の武器なのだろう。

 ……随分増えたな、爆弾。

 もちろん自分が作るものだから、武器としても欠陥だらけで肝心な時に炸裂しなかったり、したとしても威力がショボかったりするのだろう。もし目の前に敵が現れたとして、そいつに通用するのかも分からない。それでも敵はいなくなってくれないから、自分もまた爆弾を作り続けて行くしかないのだろう……なんて、自分で書いていて中二的だなーと思うけれど、仕方ない。

 こうしてまたひとつ、爆弾が出来上がる。
 さて、また次の爆弾に取り掛かろうか。

 
  

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

まさかこのネタが続くとは…… Imaginary Flying Machines『プリンセス・ジブリ2』

 

 何だかこの3月は放って置くと更新内容が震災・原発事故関連の話題だけになりそうなので、気分転換に全く違うネタを持って来てみた。しかもなるべくアホっぽい内容で。たまには気晴らしも必要かと。

 という訳で、前作を紹介した時にはまさか続くとは思っていなかった『スタジオジブリ作品の名曲をデスメタルアレンジで』という誰が企画を通したのか全く分からないアルバムの第二弾が登場。今回もやかましい、もといノリの良いデスヴォイスが絡み付く楽曲に仕上がっている……本当になぜこんなCDが企画されたのだろう。謎だ。

 CDケースに付いてくる帯のキャッチコピーがまた酷……もとい凄く、『ジャンル・シーン・国籍を超えた伝説的世界観に、即ムネアツ! 魂とのシンコペーションが再びアナタを襲う!ジブリカバー最終兵器第二弾!!』というもので、正直これを見た時に「ああ、今日もメタル業界は通常運転だな」と思った。例えばそれは『Children Of Bodom』のCDジャケットが何で毎度毎度鎌を持った死神なのかという問いに意味がないのと同様、「メタル業界はもともとこんなもんだ」という理解の仕方をするしかない。

 さて、本作の収録曲についてだが、既に前作で有名曲のほとんどを使い切ってしまった為、今回収録されている曲はマイナー曲が多い。スタジオジブリ作品の熱心なファンでもなければ記憶から消えていそうな楽曲もあり、普通に入門編として聴くなら前作をお勧めしたいところだ。そんな中でも本作の収穫としては『魔女の宅急便』から収録されたインスト曲『海の見える街』と『CHAGE and ASKA』のPVとして作られたアニメ作品がら収録された『On Your Mark』がある。

 『海の見える街』は元曲の持っているのどかさを完全に覆し、「何これ、モータースポーツ番組のオープニング?」と言いたくなる様な疾走感のある曲に仕上がっている。それとは対照的に『On Your Mark』の方は元曲のボーカルの雰囲気を再現したかの様な仕上がりで、素直に懐かしい。そういえばこういう曲だったな、という様な。まあちょくちょくデスヴォイスの合いの手が入るから元曲と全く同じ雰囲気とまでは行かない訳だけれど。

 思えばオリジナルの『On Your Mark』のPVであるアニメはスタジオジブリ作品の中でも特殊な位置付けで、当時チャゲアスのファンだった人でもなければ未見という場合も多い様に思うのだけれど、今あらためて観てみると色々と面白いかもしれない。PVという事もあり、登場人物の台詞が一切無いので様々な解釈が成り立つ作品なのだけれど、宮崎駿氏はあえて作品について詳細に解説する事を避けている。それはアニメを見た側が好きに解釈すれば良いという事なのだろうけれど、思えばあのアニメにも原発らしきものが描かれていたなと思う。だから何だという訳ではないけれどね。興味があれば探して観てみるのも良いかと思う。一応DVDにも収録されている模様。

 ……って真面目に終わろうとしたら『ルージュの伝言』のアレンジ曲で吹く。何だこのノリ。

   

テーマ : CD・DVD
ジャンル : 音楽

若さの中にある切実さ・Galileo Galilei『管制塔』

 

 最初に言っておくと、以下に書く事はある意味30越えたオッサンの繰り言に近い内容なので、もし若い人が読んだら気分を害する事もあるかもしれない。その事をまず謝っておかなければならないと思う。

 さて、自分は本を読んだり映画を観たりする事が好きな人間で、だからこそこんなブログをやっている訳だけれど、それらの作品に最初に触れた時、自分が何歳だったかという事はやはり大きい意味を持っている様に思う。もちろんどんな世代の人間にとっても普遍的で素晴らしい価値を持った作品というものもある。でも、例えば万人を感動させる様な作品がそこにあったとしても、その感動の質や意味合いは世代毎に異なるだろうとも思うのだ。

 例えば今の自分が考える事と、思春期の頃の自分が考える事が違う様に、同じ人間が同じ作品に出会ったとしても、そこで何を感じるのかという事は年齢によって違う。より正確に言えば、それは年齢の違いというよりも、その時の自分が置かれた環境や立場の違いなのだろうけれど。

 それで、既に社会人になった自分はGalileo Galileiの曲を聴きながら、まだ学生だった頃の自分が彼等の曲を聴いたならどう思うだろうか、なんていう事を考えている。『管制塔』とか好きそうだな、なんて。いや、今の自分も当然嫌いではないけれど、若い頃の自分ならこの曲をもっと切実に受け止めていただろうと思うのだ。


“望んだ未来が来るのかって不安で いつでも僕ら少し震えてた
 僕らが飛ばした希望の紙飛行機の事を いつまでも君と話していられたらいいのに

 管制塔 僕らの飛ばした未来が
 見えるでしょ 綺麗でしょ そいつを信じていたいんだ
 管制塔 僕らの信じた未来が
 いつの日か来るんでしょ それを待っているんだ”

 『管制塔』より


 『管制塔』は『パレード』というアルバムの最後に収録されている曲で、これを元にして製作された同名の映画があるのだけれど、これが予告編を観ただけでもう今の自分には耐えられそうもない感じの青春映画で辛い。更に言えばこの曲のPVも映画のダイジェスト風な作りになっていて、正直観てしまった後のダメージが酷かった。何だろう、思春期の切実さと痛さをこれでもかと濃縮してみました、みたいな作りになってて。でもそれを観ている自分は既に30を越えたオッサンで、思春期の少年達が抱えている切実さが崩れてしまった後の世界を生きている。だから今の自分は知っている。

 信じた未来はどれだけ待っても来なかった事を。
 それを信じていた自分すらも変わってしまった事を。

 それらを全て過去形にして、既に終わった事として捨て去って、身軽になって生きて行けば良いのだろう、本当は。仕方のない事だった。そう割り切って生きて行く事は悪い事でも何でもない。
 まあ、そんな事が本当に出来たら苦労はしないし、ここでこんな文章を書いてもいないのだろうけれどね。

 今この文章を書きながら、『ハマナスの花』『パレード』『PORTAL』というGalileo Galileiのアルバム3枚を通して聴いているのだけれど、『青い栞』に代表される様なタイアップ曲が多くてキャッチーな最新アルバム『PORTAL』に比べると『パレード』は若干ゴツゴツしている気がする。そしてその中でもアコースティックの『管制塔』はちょっと異質な位刺々しい。もちろんそれは他人に向けられた刺々しさではなく、自分自身に向けられた刺々しさだ。思春期特有の、自分で自分を許さない様な頑なさ、とでも言えばいいだろうか。そしてもう大人になってしまった自分は過去を振り返っては、今となっては取り戻せないものの多さに途方に暮れる。

 ……簡単じゃないね。色々とさ。

  

テーマ : 音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon