語られぬ心を語る時 神山健治・春日康徳『攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY』

 以下の文章は『攻殻機動隊』を知らない方が読む事を一切想定せずに書いているので、同作品を全く知らない方や、アニメを含めた一連の作品に関して一切ネタバレして欲しくない方は退避推奨。というか、攻殻機動隊について一から説明すると文章が余りにも長大になるので諦めた。

 さて、本作は著者である神山健治氏が監督を務めたアニメ作品であり、3D映画版も公開となる『攻殻機動隊S.A.C. SOLID STATE SOCIETY』(以下SSS)のノベライズで、春日康徳氏との共著という形になっている。
 自分は攻殻機動隊という作品が好きで、原作である士郎正宗氏の漫画も擦り切れる程読んだ人間なのだけれど、アニメ化された作品群の中でどれが一番好きかと言われると、原作の存在を前提として考えるならば押井守監督の劇場作品を押さえて、神山健治監督のTVシリーズ『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』(以下S.A.C.)が上位に入るかもしれない。
 攻殻機動隊という物語をきちんと「公安9課が活躍する物語」として描いている点では、原作派が待ち望んでいた映像化の形だった様に思う。ちなみに原作を抜きにして考えた場合、どちらが好きかという事で言うと、自分にとって押井守監督作品は既に別腹状態なので両者を同列に並べて比較するという事は難しい。

 押井守監督は、原作をそのまま映像化するタイプの監督ではない。そこには必ず独自の解釈が盛り込まれ、『押井守監督作品』としてのオーラを放っている。故に劇場作品の『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は、あくまで原作のエピソードを踏襲していながらも、また違った草薙素子とバトー、人形使いの関係性を描き出す事に成功した。そしてその物語は続編である『イノセンス』において結実する事になる訳だが、その結末は原作漫画を出発点として考えた時、両者の間にかなりの距離の開きを感じさせるものだった。

 一方、神山健治監督の『S.A.C.』は、複数の脚本家が参加したTVシリーズであるという事と、あくまで公安9課が活躍する物語を目指すというその方向性の違いから、押井氏の劇場版とはまた違ったカラーの作品として成功を収めた。そこでは公安9課の面々がそれぞれの持ち味を発揮し、劇場作品の持つ時間的制約から解き放たれて、各々が主役級の活躍を見せるに至った。その着地点が『SSS』という作品だ。

 押井守氏が描いた草薙素子が彼岸へと去って行く存在なのに対し、神山健治氏が描いた草薙素子はまた違った道を選ぶ。その方向性の違いが両監督の個性なのだろう。

 さて、映像作品を離れて、小説である本著はどうかと言えば、自分はこの本を映像作品を見た上での副読本として受け取った。それは各登場人物の心情の描き方に理由がある。

 映像作品にはいわゆる『地の文』が存在しない。あるのは登場人物達が発する言葉と、映像と、音だけだ。それを小説化するにあたって、神山・春日両氏が取った方法は地の文でその時の登場人物の心境を語るというものだった。
 映像作品では、登場人物がその時何を思っているのかという説明は無い。だから視聴者はその語られない側面を想像し、自ら補完する事で作品を咀嚼し、味わう。しかし本著の様に地の文で彼等の心情が綴られる時、そこに読者の想像が入り込む余地はない。そこが唯一気になった点だ。

 例えば本著では訓練教官として9課の新人育成を行いつつ、『個人的推論に則った捜査方針』によって単独行動を取るバトーと、それとは対照的に素子不在の9課を束ねる隊長に就任したトグサの心情が、かなり早い段階で明らかにされる。隊長就任を辞退したバトーの心境。隊長就任後、その責任を一身に背負うトグサの決意と、それに対してバトーが感じる後ろめたさ。そこから来るバトーとトグサの間の微妙な距離感。それら映像では直接語られる事の無かった心が、ここでは語られている。だから自分は、本著よりも先に映像作品に触れる事を推奨したい。登場人物達の心情を推し量るという楽しみを味わうには、本著を読む事で先に神山監督の用意した答えを知ってしまう事はプラスにならないだろう。

 最後に上記を踏まえて。上では「神山監督の用意した答え」と書いたが、この本は決して答え合わせの為の本ではないと思う。だから仮に貴方がSSSという映像作品に触れ、その時想像していた彼等の心境と、本著で明らかにされたそれとが違っていたとしても構わない。むしろ「小説ではこう書かれているけれど、自分はこう思う」といった、異なる受け止め方を互いに楽しめればそれでいいのだと思う。何せネットは広大であり、その中にはあらゆる価値観が、そして各々のゴーストが漂っているのだから。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon