選ばれし者達に潜む影・山形石雄『六花の勇者』

 

“伝説は語る。
 闇の底より魔が目覚め、世界が地獄へ変えられる時。
 運命の神は六人の勇者を選び出し、世界を救う力を授けると。
 これから語られる物語は、世界を救う定めを背負った勇者たちの物語だ。
 彼らの物語を語る上で、一つ重要な点がある。
 世界を救うために選ばれるのは、必ず六人であることだ。
 五人ではなく七人でもない。必ず六人であることだ。”

 こんな書き出しで、本作『六花の勇者』は幕を開ける。魔神の復活と、それに立ち向かう勇者という構図はファンタジーの定番だが、本作はそこにミステリの要素を盛り込む事で一風変わった作品に仕上がっている。
 本来六人である筈の『六花の勇者』だが、約束の地に集った勇者は七人。しかも全員が体の一部に勇者の証である『六花の紋章』を持っていた。招かれざる七人目の勇者は誰なのか。皆が疑心暗鬼に陥る中、七人目として勇者達に紛れ込んだ敵は巧妙な罠を張り巡らす。

 本来その場にいる筈のない人間が集団に紛れ込む事によって生じる疑心暗鬼という設定は、萩尾望都氏の漫画『11人いる!』を彷彿とさせるものがある。自分が見たのは漫画ではなくアニメだった様な記憶があるが、本作もまた『11人いる!』と同様に誰が七人目の勇者なのかという謎を軸とした物語が展開される。ただ本作では「七人目の勇者は他の勇者を葬るべく紛れ込んだ敵である」という事が早々に明らかにされる為、人間ドラマというよりもトリックに関する謎解きと犯人探しの色が濃い。

 しかし、ファンタジーとミステリを混ぜる事はなかなか難しいと言える。魔法や神の奇跡がまかり通る世界では、例えば一般的な密室など超常的な手段で容易く突破されてしまうし、世界観によっては「嘘を見抜く魔法」などというものまで存在するのだから始末に負えない。これらを覚悟の上でミステリをやるとなれば、物語の舞台や状況、そして世界観の設定に細心の注意が必要になる。
 このジャンルで成功を収めた作品となると、自分は真っ先に上遠野浩平氏の『殺竜事件』に始まる『事件シリーズ』を思い浮かべるのだが、こうした変化球的な物語をいかに面白くまとめ上げるかという所に作者の力量や個性が出るのだろう。

 本作のミステリとしての側面については先に述べたが、キャラクター小説として見た場合にも七人の勇者達は皆一癖も二癖もある者ばかりで目を引く。自称『地上最強の男』にして毒針や目眩まし等の道具を用いた奇策を得意とする剣士アドレット。銃と爆発物を駆使して戦う<火薬>の聖者である少女、フレミー。大国の王女にして<刃>の聖者であるナッシェタニア。その従者であり、長槍を駆使する若き騎士、ゴルドフ。殺し屋でありながら勇者に選ばれた男、ハンス。当代最強の戦士と言われる<沼>の聖者にして傲慢な少女、チャモ。<山>の聖者にして神の奇跡を操る聖者達を統括する万天神殿の長でもある女性、モーラ。一体この七人の中の誰が偽物の勇者なのか推理しつつ読み進めるのもまた一興だ。

 それにしても、現実でも「味方の振りをした敵」の何と多い事か。逃げ場の無い現実はある意味ファンタジーよりも過酷だ。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon