キャラクター・ミステリーの魅力 西尾維新『掟上今日子の推薦文』

 

 前作、『掟上今日子の備忘録』に続く忘却探偵シリーズの2作目。忘却探偵とは何ぞや、という部分については前作の感想にまとめているのでそちらをご参照頂くとして、今回も掟上今日子のスピード推理を楽しむ事ができて嬉しい限り。

 個人的に少々意外だったのは、前作で事ある毎に事件に巻き込まれるとともに、物語の語り部を務めていた隠館厄介が、本作には登場しない事だ。今回、厄介の代わりに事件の渦中に身を置く事になるのは、警備会社に勤める親切守。彼が警備する美術館に観覧客として何度も足を運ぶ掟上今日子だったが、やがて一枚の絵を巡る難事件が発生し……。

 個人的に、ミステリーというジャンルは若干苦手としていて、著名なミステリー作家の方々が執筆した名作にもほとんど手を付けずにここまで来てしまったのだけれど、キャラクター・ミステリーなら何とか楽しめているのかなと思う。まあキャラクター・ミステリーというジャンルも確立されているとは言い難いのかもしれないけれど。

 以前、太田紫織氏の『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』の感想を書いた時に、『本の帯に「次にくるキャラミスはこれ!」と書かれていた』と言ったのだけれど、キャラミスで検索するとなぜかウチのブログの該当記事が上に来るという。ちなみに、「キャラクター ミステリー」で検索すると、Wikipediaの『富士見ミステリー文庫』がトップに来るのでした。「今はなき」になってしまったのが残念ではあるけれど。

 Wikipediaの富士見ミステリー文庫の欄から引用すると『既存のミステリー小説とは異なるキャラクター・ミステリーという新ジャンルの確立を目指し、富士見ファンタジア文庫から派生して創刊』とあるのだけれど、当時はキャラクター・ミステリーという言葉をそこまで意識した事は無かった気がする。自分はどちらかというと、上遠野浩平氏の作品を追い掛け続けていたら『事件シリーズ』と出会い、富士見ミステリー文庫から刊行されていた『しずるさんシリーズ』や『ソウルドロップシリーズ』に自然と辿り着いたクチなので。ただ、次々と個性的なキャラクターを世に送り出して来た西尾維新氏が手掛けるミステリー作品である本作について語る時、キャラクター・ミステリーという言葉は不思議としっくり来る様な気がする。

 本作は「これぞキャラクター・ミステリー」というレベルでキャラが立っていて、読んでいて気持ちが良い。眠る度にそれ以前の記憶がリセットされてしまう『忘却探偵』という特殊性を持つ掟上今日子は言うに及ばず、前作で語り部役となった隠館厄介や、本作で事件に巻き込まれる事になる親切守等、脇を固める登場人物達も皆特徴的なのだけれど、共通しているのは、ダメな部分があってもどこか憎めない事だったり、普通だったら嫌なイメージで語られる事が多い性格や特徴(例えば「美術品を見てお金の話をする俗っぽさ」等)を、それも含めてキャラクターの個性とした上で、総体的にはそのキャラクターを魅力的に描いてしまう所にあると思う。一言で言うと今日子さんかわいい。以上。

 まあ最後の言葉は半分冗談としても、登場人物を好きになれるかどうか、興味を持てるかどうかという部分は、作品それ自体の評価にも大きく関わってくる部分だと思う。「そんな枝葉末節よりもトリックや物語全体の構成の方が大事ではないのか」というお叱りが聞こえてきそうではあるけれど、思えば著名な作品に登場する名探偵達もそれぞれ強烈な個性を放っていた様に、キャラクターが立っているというのは作品の彩りとして欠かせないと思うのだ。そういう意味では、キャラクター・ミステリーって悪い言葉ではないと思う。

 というわけで、今日子さんの更なる活躍を期待しつつ、今から続巻が楽しみだ。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon