目を逸らしたままでは生きられないのなら・水野昴『偽る神のスナイパー』

 

 死者が蘇り、生者を襲う。そして死者に殺された生者もまた、死者となって犠牲者を増やして行く。その死者の名はレヴナント。レヴナントを再び葬る為には、《脳核》と呼ばれる、中枢機関の収まる頭部を破壊する必要がある。

 主人公の円吹芽は、レヴナント対策組織《即応執行浄化機関(R・E・V)》の特殊精鋭部隊に所属するスナイパーだった。だが、ある事件を契機に、彼はトラウマに縛られ、スコープを覗く事が出来なくなってしまう。スコープ越しにフラッシュバックする悪夢。トリガーを引けない元・狙撃手に成り下がった吹芽の焦燥は、死に場所を求めるが如き無茶な戦い方となって彼を傷付けて行く。
 そんな吹芽が手にする事になった新たな力。それは少女の姿をしていた。ザイシャと呼ばれる少女がその身に宿す特殊兵装。レヴナントを屠るに足る強大な武力はしかし、彼が二度と撃つ事が出来ないだろうスナイパーライフルの形をしていた。

 この世界観を聞いた時点でお分かりかと思うが、本作はゾンビものをベースに近未来的な世界観で味付けされたミリタリーアクションだ。本作でのゾンビにあたるレヴナントの設定は「直接目にしたあらゆる無機物を自在に複製・再現する特殊能力を持つ」など、一風変わったものになっているが、これは「レヴナント殲滅の為に不用意に重火器を持ち出すと、それをコピーされて痛い目に遭う」という縛りを成立させる為のものだろう。そしてそのレヴナントが持つ能力を一部模倣する特殊兵装<エミュレイター>が作り出され、それを扱う<埋葬官>がレヴナントの脅威に対抗して行くというのも分かり易くて良い。当然の如く、全ての戦闘要員がエミュレイターを扱える訳ではないし、敵と同じ技術を使って戦う埋葬官が一般の兵士から疎まれるという展開もあるのだが、これもまた王道といえば王道だ。

 こうした「圧倒的物量を誇る敵に対し、戦力差を承知で戦わなければならない」物語では、しばしば「敵に対抗する兵器を扱えるのが彼等だけだから」という設定が用いられる。本作に割と近い世界観を持つ所だと、ゲーム『GOD EATER』シリーズ等もそうだ。敵に既存の兵器が通用しないという設定を入れ込む事で、少数の適合者(それも多くの場合少年少女)が戦わなければならないという状況に説得力を持たせる事ができる。ただ本作の場合、通常兵器でもレヴナントに対抗する事は可能な為、主人公達<埋葬官>と、一般の戦闘要員が時に反目し合いながらも同じ戦場で共闘する状況が生まれる。個人的にはこの位の世界観の方が、バランスが取れていて良いと思う。作中では常に主人公達にスポットライトが当たっていたとしても、その外側の広がりを想像する事が出来るし、人間ドラマを描く上でも、特別な力を持つ訳ではない一般人の視点を盛り込む事が出来るから。

 そして人間ドラマと言えば、特殊兵装をその身に宿す少女、ザイシャと吹芽の交流も本作の大きな柱になっている。
 半ば人間ではなくなってしまった少女が宿す武力を、吹芽はそのトラウマ故に扱う事が出来ない。そのもどかしさと自責の念は、出会ったばかりの二人のぎこちない関係とも結び付いているのだが、物語が進むにつれて、二人は各々の過去やトラウマを乗り越えて、本当の意味でのパートナーになって行く。これもまた王道だ。読んでいて安心感がある。

 本作には「あっと驚く」様な展開はない。悪く言えばだ。良く言えばそれは王道展開を安心して楽しめるという事でもある。ゾンビもののお約束や、ボーイミーツガールに欲しい展開、ミリタリーもの、それもスナイパーものだったらこうだよね、という部分を本作はきっちり押さえている。予想の範囲内に過不足無くしっかり収まるというのも意外と難しいものだと思うが、そういう意味では本作の完成度は高い。

 今後この物語がシリーズ化されるのかどうか分からないが、もし2巻以降に続くのだとして(続けられる要素はしっかりある)気になる点は、この1巻である程度の事はやり切った感がある事だろうか。先程言った通り、本作には求められる要素が過不足無く入っており、それは現時点で消化されている。今後の広がりや展開という事を考えるならば、ザイシャと吹芽の物語を主軸にしつつも、新しい登場人物を加えたり、サブキャラクター達の物語を掘り下げたりといった形になるだろうが、その時にこの1巻の完成度を維持できるかどうかが問われそうな気がする。個人的にはザイシャが「人間として」幸福になる事を願ってやまない。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon