透明人間は存在しない・上遠野浩平『製造人間は頭が固い』

  

 製造人間。統和機構の中で唯一、『人間を合成人間に造り変える』能力を有した存在。その能力が唯一無二のものであるが故に、彼は組織の中でも特異な立場に置かれている。

 自分の存在が唯一無二のものである事。自分が特別な存在である事。周囲の誰もが自分に価値を見出してくれる様な、稀有な存在たり得る事。そんな事に憧れる時期は、誰にでもある。ただ実際にその価値を見出された――背負わされた時、人はそれを重荷に感じ、囚われた、束縛されたと感じるのではないだろうか。

 特別な力を持った存在を、他人は放っておいてくれない。ある者は取り入ろうとするだろう。ある者は恐れて避けようとするかもしれない。敵対する存在として抹殺しようと企てる者もいるかもしれず、その力の謎を解明して我が物にしようと企てる者も出るだろう。

 どんなに特別な力を持っていようと、他人に影響を及ぼす権力を握っていようと、「この自分を頼むから放っておいてくれないか」という願いだけは通らない。自ら働きかけなくとも、周囲がそんな『特別』を放っておく筈がないからだ。

 今流行りの『忖度』という言葉だって大方そんな様なものだ。仮に権力者が直接指示を下さなかったとしても、その影響力を自ら行使しなかったとしても、周囲の人間は勝手に彼の気持ちや思惑を推し量って動いてしまう。或いは、その存在を利用して自分が成し遂げたい事を推し進める為の後ろ盾として便利に使おうともするだろう。こうなってくると、直接指示した確たる証拠でもない限りは、権力者の意向があったか無かったかという議論は曖昧なままに留まらざるを得ない。いや、事の真相なんて自分は知らないけれど。

 では、無能人間ならば――誰からも顧みられない様な無価値な人間ならばそんな憂いなく生きられるのかというと、人はそもそも自分の存在に何の価値もなく、意味もなく、ただそこに存在しているだけという状態に耐えられないし、周囲もまた無力な人間こそ見付け出して都合よく利用してやろうと狙っている訳で、「自分がそこにいる事」を消してしまわない限りは、自分の存在そのものを投げ捨ててしまわない限りは、他人からの干渉を一切受けないという意味での自由など獲得出来ない。そして当然ながら、それはこの世から自分が消え去るという事を意味する。

 透明人間は存在しない。

 自分などはどちらかというと無能人間に近い方だが、それでもここにこうして存在してしまっている以上、透明人間にだけはなる事が出来ないのだろう。それを悲しむべき事と捉えるのか、どんな人間にもそこにいる意味はあるのだと肯定的に捉えるのかは人それぞれだろうが、大きな権力や影響力を握っている者が日々感じているであろう不自由さと、何の力も持たないが故に存在の軽さに耐えられない人間の憂いと、どちらがより不幸な境遇かという比較には、恐らく意味はない。それらは表裏一体のものであって、自分にとってどちらがより性に合っているかという比較は出来ても、客観的事実としてどちらが恵まれているかという答えを出す事は難しいだろう。とはいえ、俗な話を言えば金や権力というものは、持たざる者から見ればこの上なく羨ましいものではあるのだけれど。

 持たざる者は持てる者の苦悩に思い至る程の余裕は無く、持てる者は持たざる者が無責任に不満を口にするのを気楽なものだと切って捨てる。ただ両者は断絶している訳ではなくて、互いが互いを束縛する様に関係性の糸に絡め取られているのかもしれない。

 さて、本作には、製造人間、無能人間、双極人間、最強人間、交換人間、奇蹟人間など、様々な『人間』が登場する。彼等は皆人間離れした能力を有しているか、自然に生まれた人間という定義に当てはまらない存在だ。それでもなお繰り返し、しつこい位『人間』という言葉が繰り返されるのは、彼等もまた人と人との間に存在する関係性から解き放たれた存在ではないという事なのかもしれない。

 昔のアニメソングではないが、『おばけにゃ学校もしけんもなんにもない』のはなぜかと言えば、彼等が『人間』ではないからだ。人間でないものは、人間のしきたりや法律や倫理観といったものに従って生きて行く必要はない。合成人間もその能力だけ見れば充分人間離れしている。その気になればお化けや妖怪の様に超然とした存在になる事は可能な筈だ。しかし彼等は自分達人間と全く同じ苦悩を抱えている。

 組織に属し、自分の居場所を確保する為に汲々とする事。自尊心を満たそうとする事。自らの存在意義を見付けようと思い悩む事。無力感に苛まれる事。他者からの干渉を疎ましく思う一方で、自分も無意識に他者に対して干渉してしまうという関係性から逃れられない事。挙げればきりがないが、それらは全て『人間』が抱える懊悩であって、いかなる合成人間であっても、あの最強人間であってもそこから自由ではないという所が、彼等が『人間』である所以なのだろう。仮にその糸が届かない先に存在する事が自由なのか孤独なのか知らないが、そんな立ち位置に至る事が出来るのはそれこそあの自動的な、不気味な泡くらいのものかもしれない。

 透明人間は存在しない。

 皆どこかで、誰かと繋がっている。見えない関係性の糸で結ばれている。そう考える時、自分はそこから自由になりたいのか、それともより強く結ばれたいと願うのか。思いは半々だ。その時の気持ち次第、置かれた状況次第で考え方や受け止め方などどうにでも変わってしまう。ただ自分が『人間』であって、この先どうあっても全ての糸が断ち切られた場所に至る事はないのだと分かっているのなら、時に絡んだ糸を切り、また新たな糸を結びながら生きて行く他に道はないのだろうとも思う。中にはどうしても断ち切れない糸もあるだろうし、結んでおきたくとも途切れてしまう糸もあるだろうが、そのままならなさの間に立つ人の事を、恐らく『人間』と呼ぶのだろうから。

 (で、人間関係を切って、別な人と結んでも、どうせまた『生き苦しい』とか言うんだろ?)
 (『人間』は辞められないし、透明にも自動的にもなれないからね)

 BGM “The Invisible Man” by Queen

 
プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon