身体を喪失した現代人へ 押井守・最上和子『身体のリアル』

 

 『戦争のリアル』『武道のリアル』に続くリアル三部作の最後は押井守氏の実姉である舞踏家の最上和子氏との対談。テーマは人間の身体性。

 人間の身体というものを語る上で難しいのは、それを言語化するという事自体が難しいという事なのではないかと思う。前作の『武道のリアル』でもその傾向はあったのだけれど、武道にしても、舞踏にしても、それを自らやってみた事がある人は分かるけれど、その外側にいる人に、言葉でもって自分の見ている世界を、その感覚を伝えるという事は難しい。ただ、「やってみれば分かるし、やらなければ一生分からないよ」と言うだけでは、自分の体験している世界は自分が死ぬ時に誰にも伝わらないまま消え失せてしまう。その意味で、言語化し難いものを敢えて言葉にして伝えて行く事の意味はある。

 自分は大学時代にゼミで彫刻を習った事があるのだけれど、当然美大でも芸大でもないから、芸術に対する基礎知識や技術を全く持っていなかった。鑑賞するのは好きだけれど、手を動かした事はないという人間に彫刻を教えるにあたって、長年彫刻をやっている先生方が苦労するのも、この『言語化する』という部分だったと思う。

 最終的には模刻(絵画の模写の様に手本となる彫刻をもとに彫刻を作る事)を完成させる事が目的なのなのだけれど、生徒が選ぶモチーフもばらばらだし、相手は素人だ。それが1年以内に国宝や重文になっている様な彫刻作品の模刻を完成させようとする訳だから、ちょっと一筋縄では行かない。

 最初は、手本を見てその通り作るという事がそもそも出来ない。手本を見る時に対象の本質的な部分が見えていない事と、それを再現する時に当然技術的に躓く事が原因なのだけれど、不思議なもので、同じモチーフに1年喰らい付くと、ど素人でも卒業制作として人様にお見せ出来るレベルのものが作れる様になる。先生の教え方がいい、というのもあるけれど。

 最初は見えなかったものが見える様になる。分からなかったものが「何となくこういう事かな」と掴める様になる。そういう個人レベルの進歩も面白かったけれど、それ以上に面白かったのは「先生の話している事が理解できる様になる」という事だった。最初は彫刻についての教えを受けても「何それ宇宙語?」というレベルで分からない。生徒同士でも自分や相手が何に躓き、何が理解できたのか言葉で表現できない。それが数ヶ月同じ部屋でああでもないこうでもないとやっていると、不思議とその中に共通の言葉が生まれて来る。

 「ここのグアッ感がね」とか、やたら擬音が多かった記憶があるのだが、頭が悪い感じで申し訳ないのだけれど、そういう言語化する事が難しい理解や気付きを、何とか言葉にする事が出来る様になる。そして言葉にする事で、自分の中にしか存在しなかったものの見方や気付きが他者と共有できるものとして整理されて行く。

 で、この長い前置きがどう「身体」と繋がるのかというと、このゼミでも「人間の身体性」という事がひとつのテーマになっていたからだ。

 自分達がやった様に仏像でもいいのだけれど、人体を模した彫刻を作ろうとする時、その彫刻が生命感を持つものになるか、ただ形が整っているだけの置物になってしまうかという分かれ道は、そこに身体性があるか、模刻であれば手本となる作品が持っている身体性を自分が読み取って再現できるかという部分に関わってくる。ただここで問題になるのが、「現代人が往々にして自身の身体性を喪失している」という事だ。

 自分達の生活を振り返ってみると、頭の部分、知識の部分ではどんどん機能の拡張が進んでいる。スマホやネット環境が行き渡り、地球の裏側で今何が起こっているか自分達は知る事が出来る様になったし、自分の言葉を世界中に向けて発信する事だって出来る様になった。ただ自分達は自分の身体、肉体をどこかおざなりに扱って、「頭でっかち」の状態になっている様な気もする。日々の暮らしの中で自分の身体を意識する瞬間がどれだけあるだろうと考えると、腹が減ったとか、トイレに行きたいとか、眠りたいとか、時々生理現象を訴えて来た時に何となく相手にしている程度で、自分は自分の体と向き合っていない様に思うのだ。

 自分の身体を意識していない人間が、例えば彫刻作品の中にある身体性を意識しようとすると、ここでまずどうしていいか分からない。そこで先生が教えるのは、「彫刻と同じポーズをとってみる」事だ。彫刻と同じポーズをとると、どこに重心があって、どこに力が溜まっていて、どこに力が流れているのかが何となく分かる。自分の体を物差しに使って、対象を理解するという事が出来る様になる。逆に言うと、自分の身体を意識していないと、対象の持つ身体性を読み取る事が出来ない。

 自分達はなぜ身体性を喪失してしまうのだろう。そこには様々な理由がある様に思う。よく言われる「バーチャルリアリティー的なものの普及によって現実と虚構の区別が付かなくなる」とか「子供は外で体を使って遊べ。昔の様な生活様式に戻れ」式の言説は余りにも安易だと思うのだが、自分は『日常』という奴には様々なものを押し流して行く力があるのだろうと思う。現代社会で日々を暮らし生きる事には結構エネルギーが必要で、それに忙殺されてしまうと他の事に気を配っている余裕がない。そしてそこには自分の身体も含まれる、という様な。

 舞踏家として日々身体と向き合っている最上氏と、『攻殻機動隊』『イノセンス』等の作品で人間の身体性をテーマにした押井氏の対談は、こうした身体論を考える上で面白い。単純に押井映画のファンとして押井守作品の副読本として読む事も出来るけれど、舞踏という自分が知らない世界の事を垣間見る事が出来る本としても本作は面白いものになっていると思う。

 

テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon