FC2ブログ

正しい議論は、理解と尊重の上に成り立つ 橋下徹・木村草太『憲法問答』

 

 Twitterの方でも少し書いたけれど、自分は「互いの立場や主義主張が異なるとしても、罵倒や排撃ではなく、相手の主張を受け止めた上で自らの考えを述べる」という事は議論の基本だと思って来た。でも、今の日本のメディアや論壇といった場所には、それらが欠けていると感じる。そして保守もリベラルもその部分の酷さは大差ない。

 特にネットメディアやSNSにおいては、中道寄りの意見よりも、保守かリベラルか、どちらかの価値観に振り切った極端な言説の方が衆目を集め易く、賛否両論はあるにせよ反響が大きくなる事から、「アクセス数や動画の再生回数を稼ぐ為の内容の過激化、先鋭化」や「炎上商法じみた煽り文句や罵倒の応酬」が顕著である気がする。動画の投稿回数やチャンネル登録者数が増えて行く毎にネタが極端になって行くユーチューバーじみた状態と言えば良いだろうか。

 マスメディアが演出する対立の構図や、過激な言説ほど面白がって人が群がり大きく取り沙汰されるネットメディアの特性は、政治をエンタメ化するばかりで「相手を言い負かしてマウントを取る」という自慰的言説を生むのだけれど、それは結局国民の生活や日本の将来に何ら寄与しないものだ。なぜそれらの議論が無益なのかと言えば、「議論を経て異なる価値観や主義主張のすり合わせが行われた結果として、双方が当初主張していたものよりも、より望ましい結論が導き出される」という合意形成が起こり得ないからだ。

 主義主張の異なる者同士が互いに言いたい事を好き勝手に並べ立て、相手の主張には聞く耳を持たないという状況では、何十時間議論を重ねても得るものは無い。それを承知で不毛な議論に終始しているのが現在の政界であり論壇なのだとすれば、関係者にはもれなく本著を読む事を勧めたいと思う。

 本著は橋下徹、木村草太両氏が憲法について語り合う内容となっているが、『橋下主義(ハシズム)』という『ファシズム』を想起させる造語まで作られてしまった橋下徹氏と、憲法学者である木村草太氏の対談を経て見えて来るのは、意外な事に、先に挙げた「互いの意見を受け止め尊重する、本来のあるべき議論の姿」である。

 橋下氏も、木村氏も、憲法解釈について意見が食い違う場面はある。特に集団的自衛権を含む安保法制や9条の解釈については大きく価値観を異にする。しかしそこから相手に対する非難や排撃が起こる事はない。むしろ「ここまでは合意している。でも、この部分では食い違っている」という確認と、その食い違いがなぜ発生しているかという冷静な論考に基づく議論が本著からは読み取れる。

 自分は当初橋下氏について「高い知名度と支持率を武器にして、時に強引な改革を行う強権的政治家」という認識を持っていた。でもそれは、今にして思えばメディアが流布した『ハシズム』なる言葉の持つイメージや、時に語気を強めて持論を展開する橋下氏の姿に引き摺られていた結果の、誤った印象であったのかもしれないと思い直した。氏は「相手の言い分に聞く耳を持たない」タイプの独裁者ではない。的外れな批判を繰り返す者や、現場の実態を知ろうともせず持論に凝り固まり柔軟性を失ったインテリに対して容赦がなく、不快感を隠さないだけである。(それはそれで印象悪化の原因ではあるが)

 対する木村氏は、そんな激しさを持つ橋下氏の個性を理解し、尊重した上で、誠実に意見を戦わせる。であればこそ橋下氏も木村氏の意見に耳を傾ける。議論というものは本来こうした互いの信頼関係の上に成立するものであって、相手に対する礼儀もなく互いの持論を投げ付けるだけの不毛な言論を、マスメディアやネットメディア、SNSといった公共空間に垂れ流す様な際限のない闘争を指すものではない。

 自分と異なる意見を持つ者と話し合う事、議論の場を持つ事は社会の中で多々ある事だ。本著を読み、翻って自分は両氏の様な実りのある議論が出来ているかどうか考える。本作はそんな自己反省を促す良著であり、政界や論壇を活動の場にしている人のみならず、もっと多くの人に読まれるべきだと思う。

 

テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon