FC2ブログ

首から下げた値札は首吊り縄の様で・御影瑛路『利他的なマリー』

 

 今この時代だから、本作の様なライトノベルが刊行されるのかなと思う。

 数年前に有名YouTuberのヒカル氏らが「VA」と呼ばれる模擬株式を発行し、個人から資金を調達できるサービスである「VALU」を利用して、自身のVA価格をつり上げた後、発行済みの全VAを売り出して不当に利益を得たのではないかと騒がれる問題が起きた事を覚えている人がいるかもしれない。

 個人が株を発行するという事は、時価総額が企業価値ではなく個人の価値を反映するという事で、平たく言えば「個人に値が付く」という事だ。
 株式会社の様に、「この人はどの程度将来性があるか」「現在の社会的地位や価値がどの程度のものか」なんていう事が金額で示される訳で、そこにはある種の明快さと残酷さが同居している。

 本作はひとつの都市を舞台に、そこに住む人々全てが模擬株式を発行し、市場価値が付けられている世界を描いている。ありそうな世界観だが、都市に重ねられた拡張現実(AR)世界では、互いが保有する自分の模擬株式≒時価総額を奪い合う戦いが日夜繰り広げられていて・・・・・・と、一捻りしたバトル物というライトノベルらしい仕掛けが組み込まれてもいる。

 本作をどう読むか。自分は将来性に溢れた若者ではないから、自然と意地悪な読み方をする。

 「貴方の時価総額は100万円です」と言われる人と、「貴方の時価総額は9千万円です」と言われる人が隣に並んでいて、互いの時価総額が容易に確認できる社会を作ろうという発想はどこから来るのか。その当然の疑問について、本作は「出自や経済状況等に関わらず、全ての市民が自身の努力次第で自らの価値を高め、将来を切り開く資金を調達する事が容易になる事が平等な社会を実現する」というコンセプトを提示する。なるほど実力主義、成果主義が叫ばれる昨今、それはある種の『平等』ではあるのかもしれない。「誰にでも挑戦する権利は与えよう。成功できるかどうかは自己責任だけれど」という世界だ。

 ただ当然の事ながら、この制度は『人間の価値』を時価総額の下に画一化し、「一定の時価総額を有する市民と、価値を失って沈んで行く敗北者」の二極化を生じる。
 難しい話ではない。現実でだって、自分達は日々自分以外の誰かと価値を比べられながら生きている。

 例えば年収。自分は仕事で給与計算をして明細を発行する時いつも「ああ、上司にとっての1時間は時給に換算すると自分の3倍以上の価値があるのか」と思う。

 例えばSNS等での発言力。フォロワーを多く抱える著名人の一言は瞬く間に世界中を駆け巡るけれど、自分の様な人間の言葉は多くの場合壁に吸い込まれて消えて行く。自己実現の度合いを測る為の『いいね』の数比べは不毛だと知りつつ、実際皆が気にしている。

 『ドラゴンボール』では戦闘力を測る「スカウター」というアイテムが出て来るけれど、自分達の価値もまた常に数値化され、誰の目にも分かる様に並べられ、比較されている。まるでアンドリュー・ニコル監督の映画『TIME』の世界だ。腕に書かれたデジタル数字の余命は人間性を秒単位で切り刻む。人生の残り時間を切り売りしてその日の糧を手に入れる暮らし。そして、そんなものを意識しない、無限に等しい寿命を持つ富裕層の暮らし。将来に希望を持つ事が許されない者達の鬱屈。勝者と敗者が明確に色分けされた世界がそこにはある。

 そうした世界の『生き苦しさ』を煮詰めて際立たせ、ライトノベルという器に盛り付けると本作になる。「皆が感じている(かもしれない)『生き苦しさ』ってこういう事だよね」「なんとなく今の社会に漂っている閉塞感の正体ってこういうものだよね」という問題提起。でもそこに今すぐ現状を打開する為の処方箋は無い。だから自分達はまた、自身が置かれた現実に向き合い、自分自身の力で社会との折り合いを付けて行くしか無い。そういう絶望、或いは希望を本作から読み取る時、自分の様な人間は溜息をつく。都合の良いハッピーエンドは現実には用意されていないから。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon