FC2ブログ

全てが茶色に染まる前に・フランク パヴロフ:著 藤本一勇:訳『茶色の朝』

  

 ある日、『俺』と友人のシャルリーはビストロでコーヒーを味わいながら、シャルリーがペットの犬を安楽死させなければならなかった事について話をする。
 「何の病気だったんだ?」と問う『俺』に、シャルリーは「病気のせいじゃない。茶色の犬じゃなかった、ただそれだけさ」と答える。『俺』はさすがに驚くが、そんな『俺』にしても、既にペットの猫を同じ様に安楽死させなければならなかった事が語られる。理由はもちろん「茶色の猫じゃなかった」からだ。

 ペットだけではない。やがて全てが茶色に染まって行く。そこでようやく『俺』は気付き、後悔する。なぜ自分は最初に「茶色以外の猫は殺さなければならない」と言われた時に、嫌だと言わなかったのだろう。抵抗しなかったのだろう。でもその後悔は、全てが茶色に染まってしまった今となってはもう遅いのだ。

 そして迎える『茶色の朝』に、『俺』は何を思うのだろうか。激しくドアをノックする音が部屋の中に響いている。シャルリーが訪ねて来た訳じゃない。彼は昨日、「前は、茶じゃなく黒の犬を飼っていた」事を咎められて自警団に連れ去られたからだ。彼が今どこにいるのか『俺』は知らない。そしてこれから先、自分がどうなるのかも分からない。社会が、この国がどうなってしまったのかという事も。


 本作、『茶色の朝』はヴィンセント・ギャロ氏による挿絵を入れても30ページ、高橋哲哉氏による解説であるメッセージの部分を入れても50ページに収まる掌編だ。今、大人が読むべき寓話だろうと思うけれど、難しい言葉で書かれた物語ではないから、小中学生でも読む事が出来ると思う。むしろ若い世代が、この社会や世界の有り様に疑問を抱いた時に手にとってもらいたい作品だと思うし、図書館や学校の図書室に置かれていて欲しいと思う。

 本作を読んで、読者がまず疑問に思う事は、「なぜ『茶色』なの?」「全てが『茶色』に染まって行くというのは、どういう事なの?」という所だろう。それにはもちろん理由があるのだけれど、その部分は高橋哲哉氏のメッセージの部分に詳しく書かれているのでぜひ手に取って読んでもらいたい。この作品が書かれる事になった背景も含めて、分かりやすくまとめられている。

 難しい話ではない。ただ、おかしいと感じる事があった時に「自分は、この問題はおかしいと思うんだ。間違っているんじゃないかと思うんだ」という声を上げられなかったとしたら、社会はどうなって行くのだろうという話だ。そしてこの物語の優れている点は、『寓話である』という事なのだと思う。

 社会問題について語ろうとする時に、特定の組織や個人、或いは法律や政党の実名を挙げて論じる事もできる。ただ、自分が批判しようとしているものを支持している人も社会には数多くいて、そうした人々は名指しで批判されれば当然聞く耳を持ってはくれない。心を開いてはくれない。

 誰かを攻撃したり、非難する訳ではなく、「一緒に考えてみないか?」という問い掛けをしたいと思う時、この物語が寓話として書かれている事は意味がある。読者は自分が今疑問に思っている事や、或いは自分が正しいと信じている価値観を『茶色』の部分に当てはめて考える事が出来る。そこで浮かび上がってくるのは、ひとつの価値観が社会全体を広く覆ってしまおうとする時に、「異議を唱えずに従ってしまった方が楽なんじゃないか」「簡単だし、面倒もないし、多数派の仲間でいた方が安心なんじゃないか」という誘惑があるという事だ。そしてその誘惑は、常に意識していないと抵抗する事が難しいという事でもある。

 何もこれは難しい政治や社会問題の話ではなく、自分達の日々の生活だって同じ事が言える。寓話というのはそうした応用ができるものだ。例えばブラック企業の問題が近年大きく報じられているけれど、最初は「勤務時間外に申し訳ないけれどちょっと頼みたいんだ」みたいに5分10分で終わる様な仕事を頼まれていたのが、それを許していたらやがて30分、1時間かかる仕事を投げて寄越される様になり、お礼を言われる事もなくなり、頼まれる事もなく当たり前に自分の所に仕事が回される様になり、サービス残業が常態化し、勤務時間外に朝礼や会議や研修や課題が設定され、有給休暇の取得は不可能になり、病気で会社を休もうとしただけで舌打ちをされる様な企業風土が形成されて行く事もある。

 会社というのは閉鎖空間だから、企業風土がおかしくなっている事に内部の人間が気付かない場合もあるし、人事や給与の裁量権を持っている会社に労働者が逆らえなかったり、自分を会社の価値観に合わせてしまった方が楽なんじゃないか、評価されるんじゃないかと勘違いしてしまったりもする。そしてこの『会社』の部分は『国家』でも『政府』でも『学校』でも『社会規範』でも何でもいい。何にでも『茶色の朝』は起こり得るのだから。

 なにか問題が目の前にあって、それを「おかしい」という自分の気持ちに蓋をしてしまったらどうなるか。声を上げなかったらどうなるか。それを考えてみるきっかけとして本作はある。自分の思いを口にしてきちんと議論をしてみようよ、という呼び掛けだ。当然、権力者や多数派に少数派が挑もうとするのは勇気がいる事だ。でも、自分が「小さな声」だと思っている価値観は、実は同じ様に思っている人は大勢いるのに今まで誰も声を上げる事ができなかっただけかもしれない。また、本当に少数派だったとしても、多数派の方が間違った考えを持っているのかもしれない。

 「長いものには巻かれろ」という言葉があって、自分達はその誘惑に弱いのだと思う。事なかれ主義で、力の大きなものに従ってしまった方が安心なんだという価値観だ。自分ごときが何を言っても仕方ないという自己評価の低さがそれに拍車をかける。でも、その先にあるのは『茶色の朝』なんだろうなという事に、そろそろ気付かなければならない。皆が。そして自分自身が。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon