FC2ブログ

その想いは証明出来ないのだとしても・斜線堂有紀『夏の終わりに君が死ねば完璧だったから』

 

 この世界には通称『金塊病』と呼ばれる不治の病がある。
 金塊病を発症すると筋繊維が次第に硬化し、骨に侵食されて行く。この侵食する骨は患者の死後、金そのものと言って差し支えない物質に変質する。人間を金塊に変えてしまう病、金塊病。それは難病であると同時に、人の価値を試すという意味で過酷な病だった。

 金塊病を患う女子大生、都村弥子は、金塊病患者専門のサナトリウムで暮らしている。過疎地の地域振興策の一環として誘致されたその施設で、彼女は中学3年生の少年、江都日向――エト――と出会う。そして彼女は、死後三億で売れる『自分』の相続を突如彼に持ち掛ける。条件は、チェッカーで自分と勝負をして勝つ事――。

 金塊病は、人間の価値を試す病でもある。3億円という金額は、その人間が生きている時の価値を凌駕してしまうかもしれない。それに大金があれば大抵の問題には片が付く。過去を精算する事も、未来を買う事も、自分を縛り付けるものから逃げる事も出来る。夢を買い戻す事だって出来るだろう。

 なぜ弥子は自分を相続させる相手としてエトを選んだのか。そして弥子と触れ合う中で彼女に惹かれて行くエトは、自分の好意が金目当てのものではないという事を、どうしたら証明出来るのか。そもそもその証明は、誰に対してのものなのだろう。彼女に対して? 自分を取り巻く世間に対して? それとも自分自身に対してだろうか。

 ふと思い出した事がある。
 小説や漫画やゲーム、あるいは映画といったサブカルチャーの領域で、不治の病に侵されたヒロインが主人公と恋仲になるという物語は数多い。そんな中で、かつて「それは主人公にとって都合の良いヒロインを配置する事で行われる自慰だ」という批判があった。

 不治の病に侵され、未来に選択肢の無い女性が、ふとしたきっかけで知り合った主人公に好意を寄せ、彼はそれに応える。儚げなヒロインはやがて病に倒れてしまうかもしれない。でも残された主人公は、彼女との思い出を胸に、これからの人生を生きて行く。そんなありふれた物語。それを男の自慰だと切って捨てたのは、主人公が物語の中で救済される為にヒロイン達が都合の良い死を背負わされる事への批判だったのだろうと思う。主人公を頼り、思いを寄せてくれる儚い存在としてのヒロインという偶像。それを美化して行われる男性の疑似恋愛が、おぞましいものとして批判された訳だ。

 それに反論する事は難しかった。自分達が様々な作品に触れて涙したり、ヒロインに好意を寄せたりした事は、感動ポルノ的な消費行動だったのか。彼女達に寄せた思いは、儚さという属性に対しての憐憫だったのか。

 そうではないと証明してみせる事は難しかった。本当に。

 自分は確かに、男にとって都合の良い女性像を欲したかもしれない。無条件に自分を必要としてくれるか弱い存在としての女性を。そういうやましさが自分の中に無いとは言えないのではないかと真剣に考える程に、自分の中の打算や自己憐憫や反転した自己愛の様なものが湧き出して来て感情がグシャグシャにされる。それは身に覚えのない罪で訴えられ、潔白を証明しろと迫られた罪人のそれに似ている。自分は潔白だと叫び出したい様な気持ちがあっても、そんな自分が無自覚に罪を犯したのではないかという疑念が拭い去れない。自分で自分を信じられない。そんな様な。

 自分の中の愛や恋、相手に対する好意は潔白だと証明するには、どうすれば良いのだろう。そもそもその証明は、誰に対して必要なのか。

 自分は今、その証明はお互いが求めている様な気がしている。

 誰かを好きになる事。愛する事は、自分の中の核になる様な部分に相手を招き入れたり、触れさせたり、その身を預けたりする事だと思う。だから自分達は、命綱につかまる時の様に、それが自分という存在の重みに耐えられるのかどうか試そうとするのではないだろうか。社会的地位や、財産や、容姿といった属性や表層ではなくて、自分の心というコアなものを相手に認めて欲しいという思いは、それがとても重い願いであるが故に、時として相手を試す様な事をさせるのではないだろうか。そして第三者も、自分がパートナーに求めるのと同じ様に、そんな純粋さを求める。その想いがどこまでも潔白である事を要求する。

 自分はどうすれば良かったのだろう。そしてこれからは、どうすれば良いのか。その答えは容易には導き出せない。でも諦めてはならない様にも思う。恋や愛といった容易に証明できない感情を抱えたまま生きる事を。その答えを分かち合える誰かを探す事を。

 そして本作の結末は、自分が思いもしない様なもので、それもまた好きだ。ぜひ本作を読んで確かめて欲しいと思う。
 自分もまた最後に遺すものが、誰かにとっての重荷や枷ではなくて、その誰かの背中を押すものであって欲しいと願うから。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon