不条理に刈り取られる命・元長柾木『全死大戦 1 サイレント・プロローグ』

 本作は、2005年に刊行された単行本『飛鳥井全死は間違えない』を加筆・訂正し、シリーズものの文庫作品として改題された作品だ。今回、1、2巻が同時発売されたのだけれど、とりあえず1巻のみ読み終えた。ちなみに単行本については未読なので、両者の比較はしない。

 まず、飛鳥井全死というのが人名、それも女性の名前だという時点で受け付けない人は受け付けない作品だろうなと思う。人名で『全死(ぜんし)』って。他にも『荻浦嬢瑠璃(おぎうらじょうるり)』という女子中学生や、『香織甲介』という殺人者等が登場するが、人名以外にも彼等の持つ通り名等には盛大にルビが振られた当て字が頻出する。『域外者(アウトサイダー)』『辺境人(マージナル)』『不可触(アンタッチャブル)』『狂王(トレボー)』『五人囃子(ファイヴ・プレイヤーズ)』『電気娘(テスラガール)』『交響楽的作戦(オーケストラル・マヌーヴァ)』等々。つまりはそういう作品だ。

 大雑把に分類するなら超能力物という事になるんだろうとは思う。しかし他作品と異なる点は、その能力が物理的な破壊力を伴わず、主に人間の精神に作用するものに限られるという点にある。能力者全員が催眠術や洗脳に特化した超能力物を想像してもらえると、多分一番イメージに近い。正確には催眠術や洗脳とは異なる設定があるのだが、説明すると長いので割愛する。しかし『人のメタテキストを読む』とか『メタテキストを書き替える』とか言われて真っ先に想像する能力というと、やっぱり岸辺露伴のヘブンズ・ドアーだよなと。あれをもっと抽象化した感じか。

 つまり本作では、相手を倒す手段も能力による『論破』や『洗脳』による奴隷化、従属化等になる。後は警察組織等の国家権力を操作して間接的に追い込むとか。能力者はかなり強固な干渉力を持っているので、一般人に抵抗の余地は無い。
 その為、この作品では能力者以外の登場人物の命はこの上無く軽い。それは能力を持った強者によって簡単に操作され、奪われる類のものだ。凡人を自認する自分としては、異議申し立ての一つもしたい所だが、現実もまた、実態はこんなものだろう。

 この作品における能力者との接触は、現実なら自然災害や不慮の事故、また或いは戦争といった類の不幸だ。そこに巻き込まれたが最後、異議申し立ての機会など得られる筈も無い。そういう状況に飲まれた人間は、ただ流され、奪われるしかないのだから。本作を読むと、恐らく大概の人は『なんて不条理な』という感想を抱くだろう。自分もそうだった。特権的な能力を持つ者が他の人々の命を容易く刈り取る光景は、凡人にとって愉快なものではない。

 ただ、あえて言うなら現実はもっと不条理で容赦無い。何故なら相手が能力者であれば、少なくとも誰が原因でこんな酷い事になったのかという疑問は解消され、憎悪すべき対象が特定されるが、現実の不条理には責めるべき相手が存在しないからだ。
 自分のせいでもなく、また他の誰のせいでもないにも関わらず、結果としてもたらされる不幸。誰を恨んでいいのかも分からない不幸。その不条理に晒される自分達の命の軽さもまた、本作の登場人物達に勝るとも劣らない。いや、参るね本当に。

 ともあれ、本作をプロローグとし、第2巻を助走として、ようやくタイトル通りの大戦が開始されるという事の様なので、まずは2巻を読みつつ続刊を待ちたいと思う。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon