児童ポルノ画像をネットに投稿、容疑者は保育園経営者


 児童ポルノ画像をネットに投稿、容疑者は保育園経営者

 何かこう、『世も末』感が溢れるニュースだなと。
 少し前には別のニュースで、『ひったくり犯を部活帰りの高校生が自転車で追跡して捕まえたんだけど、犯人が警察官でした(29歳・刑事一課の巡査部長)』とかいう世も末ニュースがあったけど、こういう連中っていつまで経ってもいなくならないんだよな不思議と。

 職業倫理がどうこうより、一個人としてどうなんだよと思う。まあ最終的には個人の倫理観とか道徳心とかの問題なので外野が何言っても仕方ない話ではあるんだけど、こういう職種に就く人間に関しては採用試験の内容をもっと吟味して欲しい。単に学力試験とか一般教養とか最終学歴じゃなく、人間性に問題がある奴はその時点で落とすとか。もしくは定期的に精神鑑定を受けさせるとか。

 人間性が試験なんかでわかる訳が無いと言われればそれまでなんだけれど、実際に子供を預ける親御さんなんかこんな人間がいるかもしれない場所に大切な我が子を預けられるかっていう話だし、盗人に蔵の番どころかひったくりが警察官じゃ街の治安どうこう以前の問題だ。
 
 アメリカでは、幼児性愛の性癖を持った神父が自分の教区の子供を男女問わず食い物にしていた事例があり、しかもそれを教会が組織的に隠蔽した為に更に被害が拡大したという悲劇があったらしい。世も末どころか神は死んだって感じだが、ある一定の確率でこうした人間が現れる以上、何とかそれに対処できる枠組みを作る事が重要になる。その為には、嫌な事かもしれないが『全ての人間を疑ってかかる』事が必要になる。

 教師だから、警察官だから、公務員だから、政治家だから、医者だから、弁護士だから、裁判官だからといった職業による特別視を止め、どんな人間だろうが悪事を働く奴は働くものだとして扱う事。先ずはそこからスタートするべきなんじゃないかな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon