ゲーム性とストーリー性のバランス・『END OF ETERNITY』

 最近、また更新頻度が落ちているのはこのゲームをやっているからなのだけれど、FF13クリア後にプレイするゲームとしては、同じRPGというジャンルでここまで方向性が違うというのも面白い。端的に言うと、FFはゲーム性を制限してまでストーリーで魅せる事に特化しているのに対し、『END OF ETERNITY(エンドオブエタニティ・以下EoE)』は、ゲームを遊ばせる事に特化していて、序盤のストーリー展開がかったるい。

 EoEは細かいミッションの積み重ねでストーリーが進行し、メインのミッションをクリアする事で次のCHAPTERに進むのだけれど、このメインミッションが完璧な『お使い』ばかりで、ゲーム製作者はシナリオ構成を投げたんじゃないかと不安になってくる。
 自分はまだCHAPTER6までしか進んでいない。これが序盤で、この先どんどん面白くなりますから大丈夫です、という事ならいいのだけれど、ここまでのミッションといえば『アイテムを届けろ』『敵を倒してこい』『アイテムを取って来い』とか、そんなものばかり。

 主人公達は基本的に依頼者から頼まれたミッションをこなす事を生業としている『PMF』という存在なので、基本お使いなのは仕方無いとも言えるけれど、それにしたってその内容が『美術品を作りたいので部品を取って来い』『モンスターが出没する酒蔵からワインを取って来い』『仲間が風邪をひいたので薬を取って来ようぜ』『街が停電したんで発電所を調べて来い』とか、そんなものばかりなのはちょっとどうかと。そして依頼者がどいつもこいつもクセのある奴ばかりで、そんな連中に依頼されたミッションを達成してもあまり達成感が無い。語尾が『でしゅ』の大男とか誰の発案だよ。しかも檜山修之声の。
 とまあ、ストーリーに関しては、トレイラーとかを見てハードなものを期待していると見事に肩透かしを食らう。いっそバカゲーとして楽しむのが正解かもしれない。

 バカゲーといえば、主人公三人組の台詞も相当ポエム入っていたりして面白い。このゲーム、武器は全て銃器(一部手榴弾等あり)なのだけれど、ダッシュして拳銃を撃ちまくりながら、『もっと鉛が欲しいか!』とか『俺の銃弾は地獄への片道切符っ!!』とか叫ぶ様は格好良いを通り越してバカゲーの域に達している。そういえば昔『レーシングラグーン』ってゲームがあったなーと。アレには及ばないけれど。

 ゲームとしては、主人公達の衣装が無駄に大量に用意されていて着せ替え出来たり、独特な戦闘システムに慣れて来るとかなり効率良く敵を倒せる様になったりとそれなりに見所も多い。例えば攻撃で浮かせた敵を下から追撃で打ち上げたり、逆に上空から攻撃して地面に叩き落としたりすると大量のアイテムが取れるとか、敵の部位を破壊出来るとか、配置されたドラム缶を爆破して爆風に敵を巻き込めるとか、銃器のカスタマイズとか、そういう戦闘を楽しませる為の仕掛けは多い。

 という事で、ストーリーがバカっぽい所を許せばEoEは相当遊べるものになっていると思う。戦闘がほぼオートだったFF13に比べれば、『自分でゲームをやっている感覚』は確かにあるしね。ただ繰り返しになるけれど、メインストーリー位はもう少し真面目に作っても良かったんじゃないかとは思った。これから盛り上がってくれればいいのだけれど。

 

テーマ : END OF ETERNITY
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon