都合が良い話

 最近更新が滞っている。書きたい事はあるのだけれど、ニュースを見ているとイライラしてきてどうしても文章がまとまらない。具体的には、この国の政府はもう駄目なんじゃないのかという事なのだけれどね。

 北朝鮮と韓国の間で緊張が高まっている。ただ、この朝鮮半島有事の可能性という事をテコにして、『現状では沖縄に米軍基地があるのは仕方無い事なんですよ』的な事を政府が言い出すのはどうなんだろう。何だか情けない話だなというか、都合が良い話だなという気がするのだけれど。

 そこに危機があるから、それに備える為にも今現在の負担は我慢しろというのは、安全保障を人質にして国民に負担を強いている訳で、国が取る姿勢としては最低なんじゃないのかと自分は思う。たとえ在日米軍の存在が日本の安全保障にとって必要不可欠であるとしても、その事に理解を求める為の手段として、周辺国の緊張状態を持ち出すのはフェアではない気がする。何だか他人の不幸に対して『渡りに船』とばかりに飛び付く様で情けない。

 でも逆に、社民党の様に連立与党として民主党政権に乗っかっている立場でありながら、県外移設じゃなかったら嫌だと駄々をこねているだけの連中も腹が立つ。お前ら実現可能な対案を出せよと。実現可能な対案というのは、今のアメリカを納得させる事が可能な案という意味でね。

 社民党が本気で在日米軍基地の海外移転を実現させようとするのであれば、最終的な海外移転に向けた前段階としてまず少しでも沖縄県民の負担軽減が可能な方策を模索するべきだ。『新たに滑走路等の基地施設を建設すれば、そこが恒久的な基地となる可能性がある』という懸念は当然あるにせよ、では普天間が今のままの状態でいいのかという問題に関して、彼等がどの様な解決策を考えているのか自分には全く伝わって来ない。いつか海外移設が叶うその日までは我慢してくれとでも言うのだろうか。

 沖縄に新たな基地施設を建設させず、それでいて普天間を速やかに返還させる為にどうするかという事を真剣に考えた場合、『現状既に在日米軍基地や自衛隊基地を受け入れている自治体に対して、一時的にでも普天間からの人員の移転受け入れを求める(その後最終的な移転先について早急に協議する)』とか、逆に『現状在日米軍基地や自衛隊基地を受け入れていない自治体に、基地負担の平均化という観点から新たに移転受け入れを求める』という方法もあると思う。当然そんな事を言い出せばいい顔はされないけれど、そういう困難な課題を解決させる為に自分達は選挙で国会議員や各地方自治体の長を選出している筈だ。だから自分達には言う権利があると思う。「お前ら仕事しろよ」と。

 国民が自分達で出来る事なら自分達でやればいい。それが出来ないからこそ、そうした問題を解決させる為に選出され、権限を与えられた国会議員や役人が存在する。彼等がその与えられた責務を放棄したり、ろくな結果を出さないというのであれば、それに対して自分達はもっと文句を言うべきなのではないか。さっきも言ったけれど、再度言いたい。お前らもっと真剣に仕事しろよと。

 という訳で、何だか常に無くイライラしてしまっているので、ちょっと冷却期間を置きます。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon