そうだ 選挙、行こう。

 という訳で、参議院選挙に行って来た。
 何があっても選挙にだけは毎回行く事にしている。選挙に行くという事くらいでしか、自分の意見を国政に反映させる手段は無いから。

 まあそれも、政治家が選挙公約を守る事が前提である訳で、選挙で言っていた事と実際にやっている事が違うじゃないか、なんていう問題は常に起こり得るし、実際に今現在起こってもいる。それでも自分は『じゃあ選挙なんて行っても無駄なんじゃないの?』という立場には賛成できない。
 選挙には行く。そして行った上でもし各政党や候補者の姿勢がぶれる様な事があれば、当然の権利として文句を言うし、反省が無ければ次の選挙でそれを反映させる。無駄だろうが何だろうが、その積み重ねをやって行く事が凡人である自分が政治という大きなものに関わって行く為のスタンスだ。

 自分はどの候補者を支持しているとか、どこの政党を支持しているとか、ましてやこの場で特定の候補者や政党を支持してくれなんていう事は言わないけれど、各々がどの候補者や政党を支持するにせよ、有権者であれば選挙には行くべきだとだけは言っておこうと思う。それは何故か?

 難しい事は抜きにして、投票率が低いとそれだけ国民が政治家に軽視される様な気がする。ぶっちゃけて言えばナメられる気がする。『ああ、これだけしか投票に来ないっていう事は、政治に対する国民の関心なんてこの程度なんだな』と。それが『じゃあ選挙公約とか選挙後にこっちの都合で多少改変したっていいよね』とか『国民に感付かれない程度だったら裏で何やっててもいいよね』とかいう有権者をナメた姿勢に繋がるとすれば、それだけ政治の質は落ちる事になる。当然他の理由もあるけれど、自分が毎回選挙の投票率が高くなって欲しいなと思う理由の大部分はここにある。

 そんな訳で、あと半日ある事ですし、皆選挙に行きましょう。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon