日本人は切腹文化を捨てろ

 この前の記事からの続き。
 結局自分があの文章を書いた後で中国人船長は釈放されてしまった。百歩譲ってそれはいいとしよう。いや、百歩じゃ全然足りないけれど、問題はその後だ。先ずは中国人船長の釈放に関して以下の記事を参照して欲しい。

 AFPBB News『中国漁船船長、処分保留で釈放へ』

 この記事にもある通り、政府は『政治介入を否定』している。つまり、最終的に中国人船長を釈放したのは那覇地検の判断であって、政府がその様な指示を出した訳ではないという事だ。まあその言葉を信じるかどうかは別として、政府が公式なものとして発表したからには、もうその発言を取り消すつもりは無いのだろう。その前提で自分も以下の文章を書く。

 正直、そんな事でいいのか?

 『検察の独自性』というものが尊重されるべきものであるという事は自分にも分かる。平時から政府が検察に対してあれこれと指示を出したり、横槍を入れる様な事になればそれはそれで大問題だ。「だから今回も彼等の判断に任せたんですよ。口は一切出していませんよ」という政府の発表は、その一点から見れば筋が通っている様に聞こえない事もない。
 ただ、自分はその政府の発表に関して逆に怒りを覚える。そんな事でいいのか。

 今回の事件は、単純に公務執行妨害の取調べというだけの問題では無い。事態は既に外交問題に発展しており、検察が自己判断出来る様なレベルの問題でない事は明らかだ。政府も当然それは理解しているだろう。つまり自分が言いたいのは、そこまでの事態だと知っていて、それでもなお検察に判断を任せていたのだとすれば、それは政府の怠慢なのではないかという事だ。余りにも無責任過ぎる。

 はっきりさせておくが、取調べの結果事件性が全く無いと判断したのならばともかく『今後の日中関係を考慮して中国人船長を釈放する』様な権限は検察には無い。検察はあくまでも事件それ自体に限った範囲で対処するのが役目なのであって、高度な外交判断を迫られた際、独自に何らかの決定を下す事は出来ないし、そもそも組織としてその様な事態を想定していない。そんな組織が本当に『今後の日中関係を考慮』して独自判断を行ったのだとすればある種の越権行為だし、政府が裏でその様に指示を出していたのだとすれば単なる政府の責任逃れでしかない。

 この、責任を引き受ける者がいないまま事態だけが悪い方へ悪い方へと進んで行ってしまうのが今の日本が抱え込んでいるどうしようもなさなのだけれど、何でこんな事になってしまっているのかと言えば、それは役人にしろ国会議員にしろ『責任を逃れた奴が生き残って出世する』という構造に全ての問題がある。

 日本ではまるで切腹の様に、何か失敗があるとその当事者が職を辞したりする。辞めて責任を取るという言葉が美化され過ぎているせいで、何かというと『辞めればいいんだろ』という話になる。また逆に組織の方は『当事者を辞めさせたからこれで問題解決ですね』という様なトカゲの尻尾切りとしか思えない対応を平然としてみせる。それで本当に何かが解決するのかという問題とは別次元の事として、そういった対応が平然と行われて来たのがこの国だ。だから、いざという時に自ら進んで責任を取ろうとする奴がいない。

 今回の例で言えば『総理大臣が自らの責任で、特例として検察に釈放を命じた』と言うのなら自分はまだ納得したと思う。いや、無条件で釈放すべきでは無かったという考えは変わらないが、少なくともそれならば『今後の日中関係を考慮して釈放した』という説明に一応の筋が通る。総理大臣が自分の責任において判断したとするなら、それによって日本が抱え込むリスクについても当然その責任の範囲内において対処するという事で、責任の所在が明確になるからだ。その場合、中国から謝罪と賠償を要求されようが、尖閣諸島が中国領だと主張されようが、それに対処する責任は総理大臣以下政府に帰する。今回の様に表向き検察が独自判断をしたという事だと、じゃあその結果責任が取れるのかとなった時に検察の権限では何をどうする事も出来ない。彼等は外交交渉が出来る立場ではないからだ。せいぜい関係者一同で腹を切るのが精一杯だという事になってしまうが、それでは何の意味もない。

 何かの選択や意思決定に対して『責任を取る』という事は、腹を切るという事ではなく、その選択の結果生じた事態に対応するという事であるべきだ。だからその権限が最初から与えられていない者は、そもそもそれらの判断を下すべきではないし、下させるべきでもない。今回政府はそこを履き違えた話をしている。

 国民が望んでいるのは腹切りじゃないんだという事を、いい加減に彼等が理解してくれればいいのだが、責任逃れと腹切り回避が上手い奴ばかりが生き残る構造ではそんな単純な事ですら難しいのだろうか。

テーマ : 尖閣諸島問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon