『龍勢』2010(3)

 さて、前回前々回から続いた『龍勢』ネタも今回で終了の予定なのだけれど、最後は龍勢そのものからは少し外れて、秩父の名産品について。
 秩父には色々と名産品がある様なのだけれど、今回自分が注目して買ってみたのはこちら。

 R0010902.jpg

 はい、この通り一見何の変哲もない『ラムネ』なのだけれど、ちょっとラベルに注目すると……。

 R0010904.jpg

 『かえでのラムネ』と書いてある。置いてある机の色が透けている様にも見えるけれど、実際ラムネの色は写真の通りジンジャーエールを若干薄くした様な感じだ。何故こんな色なのか。そもそも何故ラムネに『かえで』なのか。

 実は、カエデは秩父市の『市の木』になっているらしい。カエデからはメープルシロップが採れる為、今までもメープルシロップを使ったお菓子等が名物として作られていた様なのだけれど、このカエデをもっと他のものにも生かせないかという事で、カエデの葉を茶葉化して作った『カエデ茶』を使ったラムネが考案されたのだとか。
 『カエデ茶』なんて言うとちょっと味が想像付かないだろうと思うけれど、飲んでみると普通にラムネの風味がする。そして後味が何とほのかにメープルシロップ風味。メープルシロップそのものが入っている訳ではないのに、何だか不思議な感じだ。メープルシロップが好きな人には喜ばれる味かもしれない。

 このラムネ、各所で通販もやっている様なので、興味がある方は是非。宣伝宣伝。

 さて、自分が何故こんなにオススメしているかというと、その答えは自分が花粉症だからだ。はい、これだけだと全く話のスジが読めないと思うので解説すると、このラムネを考案した『カエデの森づくり推進協議会』の方々はカエデを利用した商品開発以外にも、カエデの植樹等の活動をされている。カエデを使った商品の販売が軌道に乗れば植樹も進んで、山には次第にカエデが増えて行く訳だけれど、そうすると花粉症の原因となる杉は逆に減る事になるという訳。花粉症で毎年苦しい思いをしている自分からすると、地元の方々はカエデで町おこしが出来るし、杉花粉は減るしで一石二鳥。全く願ったり叶ったりだ。

 という訳で、自分は全くもって自己中心的な理由で『カエデの森づくり推進協議会』の方々を勝手に応援しております……とか言うと何だか酷い話だけれど、そういう下心を抜きにしてもこのラムネは非常に美味しいので、最後にもう一度オススメ。秩父市にお出かけの際は是非一度ご賞味あれ。 

テーマ : 旅行記
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon