今更やってみた『モンスターハンターポータブル3rd(体験版)』

 最早ゲーム内容については説明不要な感があるこのゲーム。自分はゲーム好きだけれど、モンハンをまともにプレイしたのはこの体験版が初だった。

 さてこの体験版、『体験版をダウンロードする為にはまず携帯電話のサイトに会員登録した上で、ダウンロード用のプロダクトコードを手に入れなければならない』という「それって本当に広く配布する気あるのか」という仕様だった。いくら登録無料とはいえ面倒臭いなーと思ってスルーしていたのだけれど、友人が入手したプロダクトコードでもう一人分ダウンロード出来るというので、せっかくだからやってみる事にした訳だ。
 もしも自分同様「会員登録面倒臭い」と思っている人がいたら、誰かプロダクトコードを貰っていそうな人に声をかけてみるのがいいかもしれない。

 実は自分にプロダクトコードを提供してくれた友人は同シリーズの『MHP2ndG』をやっており、以前から「このゲーム面白いからやってみたらどうだ。今ならかなり安いし」などと言っていた。で、ちょっと触らせてもらった事もあったのだけれど、基本操作すら分からない人間をクエストに放り出し「ここでリオレウスってのが出て来るから倒せ」という無茶振りをかましてくれた前科がある。当然クリアなぞ出来る筈も無く一方的にやられた訳だが、あの勧め方で「うわ、このゲーム面白れー!!」とばかりに食い付く奴がいたらそいつは真性のマゾゲーマーだろうと思う。あの時ばかりは正直友人との付き合い方を考え直すべきだなと思ったものだが、恐らく本人もここを読んでいる事だろうから過去を振り返って海より深く反省する様に。

 で、体験版に話を戻す。製品版とは違い、何種類かの武器が無いらしいのだけれど、自分はそもそもこのシリーズ自体をプレイした経験が無かったので違和感は感じなかった。まずソロプレイでアイルーとかいう猫っぽい生き物をお供に二匹連れ、一通りの武器で初心者用ミッションをプレイしたのだけれど、この難易度なら慣れればソロでクリア出来ない事も無い。ようやくこのゲームを楽しく遊ぶ為のスタートラインに立った感じだ。何事も基本と導入が大事。ちなみに最初に制限時間内でクリア出来たのは『双剣』でだった。つまり特攻かつ攻撃の手数によるゴリ押し。今は多少慣れたので『片手剣』でも安定してクリア出来る様になった。攻撃をまともに食らう回数も減ったし。

 そして今日、友人と協力プレイをしてみた訳だけれど、仲間とワイワイやる前提ならやはり良く出来たゲームだなと思う。前作までのシリーズがあれだけ売れているのも頷ける出来だった。今の子供は友達とこういうゲームで遊べるのかと思うと羨ましくもある。まあ昔は昔であの時代なりに自分達は精一杯ゲームを楽しんでいた訳だけれどね。

 まあそんなこんなで、製品版を買うかどうかはともかく、もう少しやってみようかと思う。上級者向けの方を一人でも安定してクリア出来る様になれば、まあ概ね行けるのではないかと。 

 

テーマ : モンスターハンターポータブル3rd
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon