東京都青少年健全育成条例改正案について

 この条例とかその周辺の関連項目については前に散々語ったので、もう今更これ以上語る事も無くて、可決の話を聞いた時も「ああ、馬鹿な事やってんなー」程度の感想しか抱かなかった。その後大手出版社等が次々と東京都主宰のイベントへの参加取りやめを発表した事もあって、多少は話題になったけれど、逆にそんなもんかという落胆もあった。だから以下の文章は自分の主張というよりも、愚痴。ちょっと砕けた文体で行こうと思う。

 この問題をどういう切り口で語るかという時、単純にポルノ表現や業界の自主規制がどうたらという部分だけを取り出して語る事についてはもう各所でやっているし、今更それを繰り返す事に何の意味もなければ意義も無い。『表現の自由を守れ』という錦の御旗はいつの時代も有効だけれど、逆に業界がその表現の自由を使って何をやって来たかといえば、「18禁ではない一般向けの漫画やアニメでここまでやっちゃいました」みたいなエロを売りにした商売だったりして、規制賛成派にそこを突かれると弱いという、なんだかなーな状態でもある。いくらサブカルとエロは不況に強いって言っても、ちょっとそこに注力し過ぎだったんじゃないですかねっていう。

 『東の空では若者が自由と戦ってるのに、原宿ホコ天通りじゃ自由をもてあそんでる』って歌ってたのは長渕剛だったっけ。うろ覚えだけど。でもまあ、日本人にとって自由って安いもんなんだなとは思う。「自由に付随する責任というものもあるだろ」と規制賛成派から言われればその通りですねと言うしかない。

 自分はそれでも一貫して規制反対の立場なのだけれど、漫画やアニメ等のサブカル業界に興味がない一般の方の立場からこの問題を眺めてみると、確かに性行為とか近親相姦とか強姦とか、行き過ぎた表現が氾濫しているのは見苦しいし、一刻も早く目の前から消えてもらいたいっていう感覚なんだろうなと思う。その事は理解できる。

 「じゃあ、あなた何でこの条例に反対するんですか?」と言われれば、もう一度書くのも面倒なので過去の記事を貼っておこう。これとかこれとか。

 結局自分は『自分達は正しい』と信じて疑わない側の人間の気持ち悪さが耐えられないという事なんだろうなと思う。『青少年の健全な育成』とか言う時に、当然条例を作る側の人間は『青少年とはこうあるべき』というモデルを想定している訳で、じゃあそれに沿わない青少年は存在自体間違っている訳ですか?という疑問が拭えない。あなた方が想定している健全な青少年像っていうものは、本当に正しいんですかね。「自分達は正しい」と信じて疑わない人っていうのは、往々にして色々なものを見落としていると思う訳ですよ。自分の様な凡人から言わせてもらえば。

 で、この問題で自分が思うのは、条例を通した結果として『可能性を損なった事に関する責任』って、条例通した人達が取れるもんなんですかね、という事。まあそんな責任誰も取れないとは思うのだけれど。

 具体的にどういう事かと言うと、これは国策だけれど『ゆとり教育』ってありましたよね。昔の偏差値教育とか詰め込み式の教育がいけないっていうんで、正に『青少年の健全育成』を目標に教育改革した訳じゃないですか。で、それをやったら学力低下が起こって、「やべー、このままじゃ日本人の国際競争力が低下して経済が傾くぞ」っていうんで、もう一度方向転換した。今じゃもう「ゆとり教育って間違いでしたよね」っていう雰囲気だと思うんですよ。共通認識として。この間も、ゆとり教育を見直したら日本人の学力低下に歯止めがかかった、なんていうニュースを喜んで報道していた訳だし。で、思うんですが、その『間違い』って誰か責任取ったんですか?そもそも責任取れるんですか?

 自分は別に、「ゆとり教育、やってみたけど間違いだった」っていう事自体を後付けで責めてる訳じゃないけれど、ゆとり教育によって本来当時の子供達が持っていた筈の可能性が少なからず損なわれてしまったんじゃないかとは思う。で、その『可能性を損なった』事に対して責任を取る事ってもう絶対無理な訳ですよ。その当時の教育を受けて育った子供達はもう社会に出てしまっている訳だから。ゆとり教育さえ無ければ彼等が本来伸ばす事が出来た分の学力や、学問に対するモチベーションっていうのは、いくら生涯学習とか綺麗事並べたって大人になってから取り戻すのは骨が折れる。

 で、今回の事に話を戻すと、判断基準のあいまいな規制っていうものをかぶせてしまう事によって出版業界や作家が萎縮してしまって、『本来なら世に出る可能性があった作品』が出版されない事態に陥るとか、何かにつけてお上の顔色伺いをしながらでないと出版出来ない様になるとか、そういった不自由さを業界に負わせる事で、これから世に出る作家であったり作品にとってマイナスの影響があるだろうと。そうして表現者の可能性を損なった責任は誰にも負えないと思う訳です。ゆとり教育同様、後でもし間違いに気付いたとしたって、その規制をかけてしまった期間というのは戻って来ない。責任の負えない事はそもそもするべきではないというのが自分のスタンス。ただでさえ国や行政の側は責任逃れが上手いんだからさ。

 後は、権力を持った人間の良識っていうものを自分は信じていないです。人間嫌いなんで。
 例えば規制する側に立った人に対して、「自分の主観を挟まないで公平にやれ」と指示したとしても、そんな事実際には不可能な訳です。実際にはその担当官の好き嫌いとか、個人の嗜好っていうものが検閲には色濃く反映される。そうなった時に『俺が正義だ』式の横暴がまかり通る事は容易に想像できるし、そもそも漫画やアニメといったサブカルというだけで見下したり嫌悪感を持ったりする人だっている訳で、そういう人が担当部署に配置される可能性だってある。そうなった時に個人の横暴が社会正義にすり替えられてしまう事を自分は恐れる訳だけれど、作家でもある石原都知事や猪瀬副知事がその辺をどう考えているのかなと思う。気付いていない訳は無いと思うけれど、規制対象に小説は含まれないからいいと思っているんだろうか。

 さて、長くなったけれど、今書きたい事はこの位。最後に書く事があるとすれば、子供のしつけって親の仕事であって、条例で守ってもらう類のものじゃないだろうと自分は思う。それだけ。

テーマ : 青少年健全育成条例改正案
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon