初めての機種変

 初めて携帯を買ったのは4年以上前。家族が全員auだった為に自分もauの携帯を買う事になり、カシオの『W21CA』を購入した。学生の頃は携帯を持つ必要性をほぼ感じていなかったので、専ら社会人として必要だろうという理由から周囲の人間に追い込まれて買った様なものだった。

W21CA

 それ以来ずっと使い続けていたのだが、流石に耐用年数が切れてきたらしく、ここの所どうも動作が不安定になってきたので仕方なく初めての機種変を経験する事になった。本音を言えば不具合さえ無ければこのまま古い機種でも十分だったんだけどね。
 だが機種変といっても、『特に機種変したいモデルも無いのに、必要に迫られて機種変せざるを得ない』という状態だとどうもしっくり来る機種が無い。

 家電量販店の店先で、ああでもないこうでもないとモックや実機を弄り回す事15分。流石に店員に声をかけられたので、ここが潮時と思って一番マシと思えるモデルを買って来た。それがこちら、ソニーエリクソン製『iida G9』
 ベースはサイバーショット携帯と同じだと聞いたけれど、カメラの画素数を落としていたりと色々変更点があるらしい。

iida G9

 こういうデザイン携帯って今迄あんまり買う気にはならなかったものなんだけれど、どこで選んだのかというと『ボタンの押し味』が全てだった。
 最近の携帯電話を触る事が殆ど無かったので知らなかったんだけれど、最近の機種は薄型にする為か、どうしてもボタンがペラペラというか、薄いフィルムみたいなボタンの機種が多い様に思う。個人的に携帯はそんなに薄くなくてもいいからちゃんとしたボタンを付けておいてもらいたいのだが、防水性とか薄型化のメリットが大きい為か、あの『昔のカード型電卓』みたいなペラいボタンが採用される傾向にあるらしい。個人的には『押してる感』に乏しいのでああいうボタンは好きじゃない。

 実はG9のボタンもそんなにがっしりとしたボタンじゃないんだけれど、押す面が斜めになっているせいか、最近の携帯の中では比較的クリック感がしっかりしているというか、ちゃんと押している感が感じられる。細かい所なんだけど。

 多分これもまた『いい加減に機種変しろ』と言われるまで使う事になるんだろうから、その間壊れずに長持ちする事を祈るばかり。そして先代よ、お疲れ様。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon