目覚めたくて必死に耳を塞ぐ・the HIATUS『A World Of Pandemonium』

 目覚めると何だか長い夢を見ていた様な気がして、しかもそれが悪い夢だった様な感覚だけが澱の様に残留しているのに、内容を思い出せない。夢の中に何か大切なものを置き忘れて来た様な、或いは目覚めてもまだ夢の中から抜け出せていない様な、そんな違和感が消えてくれない。
 そんな時は、今自分が生きている事とか、これから先も生きて行く事とか、そんな事が全てどうでもよく思える事がある。価値が無いとか、意味が無いとか、そんな事よりもただひたすら、もうどうでもいいという感じ。脱力感。気怠さ。

 生命は大事だ。そんな事はわかっている。無駄にしていいものではないし、例えば今回の震災で亡くなられた方々の様な存在を思えば、今命がある事を日々感謝して前向きに生きなければならないのだろう。亡くなられた方々の分まで生きる、なんておこがましい事は口が裂けても言えないが、せめて自分に与えられた分は全うしなくてはならない。そう思う。そう、思うのだが。

 テレビをつければニュース番組は相変わらずクソッタレなニュースを垂れ流している。どこかで通り魔が女の子に刃物を突き刺しただとか、しかもその犯人が16歳の男子高校生だったとか。一方福島第一原発では汚染水が溜まり、保管場所の確保に行き詰まった東電が「処理した上で海に流そう」とかいう唖然とするような内容を平然と発表する。九電は九電で玄海原発のポンプ故障による汚染水漏れの公表が遅れる等、この後に及んでなお続く電力会社の隠蔽体質を露呈する。何なんだよ、と思うけれど、答えは返って来ない。悪いニュースは聞き飽きた。もうたくさんなんだ。

 長く続く悪い夢から目が覚めない様な、そして目覚めてもまだ悪夢の中から抜け出せていない様な息苦しさ。或いは生き苦しさ。だから自分は、昔よくそうしていた様に耳を塞ぐ事にする。悪いニュースを垂れ流し続けるテレビを消して、クソッタレな社会から目を逸らして、音楽で耳を塞ぐのだ。せめて世の中がもう少しマシなものに思えてくるまで。

“化学物質が焼き払い
 みんな眩ゆい青に変わり
 僕の頭はまだ
 自分をうつむかせるものだけを捉えている
 僕の心が大きく壁に書いてあった
 大きく壁に書いてあったんだ
 今度こそ目を覚ますんだ
 今度こそ目を覚ますんだ”

 『Shimmer』(対訳)より

 自分は多分、この世の中が懸命に生きるに値するものなんだという事を信じさせて欲しいのだと思う。本当にその通りかどうかはこの際どうでもいい。錯覚でも、嘘でも、一時でもそう信じさせてくれさえすればいい。世界や社会がもうめちゃくちゃだなんていう事はわかっている。だから多くは望まない。子どもの頃の様に本当の事が知りたいなんて言わない。本当の希望が欲しいとも思わない。嘘でいい。何とかこの疑り深い自分を騙してくれる様な嘘の希望でいい。

“ここにとどまるって言って
 このめちゃくちゃな世界にさ
 まだきっとなんとかなるから”

 『On Your Way Home』(対訳)より


 まだきっとなんとかなるから。

 『本当に?』という言葉を、自分は飲み込む。

 

テーマ : 邦楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

良い文章だ

> さん

コメントありがとうございます。お褒めに預かり、嬉しくもあり恥ずかしくもあり、というところです。

ネット上に自分の書いた文章を公開する様になって、気が付けばもう数年になりますが、ネットとは不思議なもので、結構前に書いた記事に、後になってから不意打ちの様にコメントを頂く事があります。そういう時は自分でも何を書いたか半分忘れていたりもするのですが、あらためて読み返してみると、その記事を書いた当時の事を鮮明に思い出す事が出来るものです。

この文章を書いた時、自分の中には怒りがありました。それは世の中に対してもそうだし、その中で生きている人間共(自分含む)に対してもそうでした。そして怒りと同時に、倦怠感もありました。もうどうしようもない、という様な諦めもありました。

その時から、世の中が少しでもマシになったかと言えばそんな事はなく、では自分の方が少しはマシになったのかと言われればそんな事もありません。この世界も、社会も、そこで生きている自分自身も、多分相変わらずクソッタレなままです。それでも自分はまだこうしてここにいます。そしてこれからもこんな風に文章を書いているでしょう。誰かに読んでもらう為ではなく、自分の為に。ただ、そんな文章を読んでくれた人がいて、声をかけてくれたという事を嬉しく思う気持ちまでは、まだ摩耗していないつもりです。ありがとうございました。本当に。

僕は感じたことを簡単に書いただけですが。
少しでもプラスに感じられたなら良かったです。

このページに辿り着き、文章を読み終わる頃には、共感と、この世界を良くしようという気持ちが改めて湧いていました。
努力の続かない自分に対する苛立ちや失望感に苛まれ、たまの頑張りも心を満たしてはくれない。
それでも、細美さんや貴方のような方のためにできることがあるなら、それをやりたいし、そういう人間になりたいです。

「世界を少しでも良く」
細美さんの夢を、手伝いたいと思っています。
僕の夢ですから。
プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon