人の、愚かさの証明 マイケル・マドセン『100,000年後の安全』

 

 10万年という年月、そして10万年先の未来をリアルなものとして想像する事は、大多数の人々にとって無理ではないかと思う。今から10万年前といえば、まだネアンデルタール人が生きていた頃の話だと言うが、彼等が現代人の事を想像し得なかった様に、自分達もまた10万年後の人類の事を想像する事は出来ない。彼等は既に自分達の知る人間とは別の何かに変質しているかもしれないし、既に絶滅しているかもしれない。
 10万年後という途方もない未来は、自分達にとって不可知の領域に属しているのだ。その先を見通す知性は、少なくとも今の人類には無い。
 しかし、確かな事もある。それは今現在地球上に存在する使用済み核燃料=高レベル放射性廃棄物が、通常自然界に存在する放射性物質程度にまで無害化されるには、少なく見積もっても10万年の年月が必要だという事だ。

 一言で言って、正気の沙汰ではない。

 しかし10万年もの間、使用済み核燃料を自然界から隔離しておく為の施設が、科学者や専門家達の正気の産物として実際に建設されている。現在、世界で唯一の高レベル放射性廃棄物最終処分場として掘削中の巨大坑道。それはフィンランドにある『オンカロ』と呼ばれる施設だ。
 まず今後数十万年は安定した状態にあると判断される岩盤を地下500m以上の深さまで掘り進み、更に坑道を横に広げて行く。この横穴に高レベル放射性廃棄物を密封した容器を埋設して行き、やがて一杯になった段階で坑道ごと全てを埋め戻し、永久に封印するのだという。そこまでしなければ隔離出来ないのが高レベル放射性廃棄物の恐ろしい所だとも言えるが、この方法でさえ100パーセントの安全性を確保しているとは言えない。

 本作『100,000年後の安全』は、このオンカロについて関係者達に丹念な取材を行う事で高レベル放射性廃棄物の処理というものがいかに人の手に余る問題かという事を描き出そうとする。原発反対と声高に叫ぶのでもなく、政府の姿勢を批判するのでもない。ただ淡々と、高レベル放射性廃棄物の隔離というものがいかに困難な事か、10万年という歳月がいかに途方もない時間なのかを描いて行くのだ。この映画を観て、10万年先の人類の安全を、現代に生きる自分達が保証できるのだろうかと考える時、そんな事は無理だと誰もが思うだろう。それを知りながらもなお原子力発電というシステムは継続されるべきなのか。未来に生きる人類に高レベル放射性廃棄物の危険性を押し付ける事で得られるであろう現代の経済的繁栄は、その代償に見合ったものなのか。それは倫理的に正しいと言えるのか。その事を本作は静かに問うている。

 過去の歴史を振り返れば、数々の文明が生まれては滅んで行った事が分かる。今の自分達が築き上げてきた文明も例外ではない筈だ。この繁栄もいつまで続くのかは分からない。また世界中を巻き込むような戦争が起きるかもしれない。その戦争は文明を焼き尽くしてしまうかもしれない。そして放射性廃棄物に関する知識が失われ、オンカロという施設が何の為の場所なのかという情報も失われる時、未来の人類が何の危険性も知らずにこの禁忌の場所を掘り返してしまう可能性はある。そしてそれを止める確実な手立てを自分達は持っていない。

 高レベル放射性廃棄物について、誰も最終的な責任を負えないと知りつつ、原子力発電というシステムは今日まで継続してしまっている。それは現代の繁栄の為に、未来の時間を食い潰しているという事とどう違うのか。自分達は未来の人間に語る言葉を持っているのか。

 自分には答えられない。そして誰も答えてはくれない。

 

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon