現実の苦味には優しい嘘を・百波秋丸『チェンライ・エクスプレス』

 

 群像劇という奴が好きだ。
 様々な登場人物達が、それぞれの思いを胸に行動する。結果として彼等の歩む道程は時に交差し、また様々な方向に枝分かれして行く事になる訳だが、その「互いに影響し合う」という所が何となく好きだ。傍から見れば取るに足らない様な人間にも、人との関わりの中ではその存在が全くの無意味という事はない。たとえ自分自身の存在意義を自分で信じる事ができなくても、その『存在』という奴は誰かに影響を与えている。良い意味でも、悪い意味でも。それを失うという事はあり得ないし、また自分から捨て去る事もできない。群像劇はそんな風に、ゆるやかに人間の存在意義を肯定してくれる様に思う。まあ本作の登場人物達は一般的な「人間」ではないけれど。

 本作の舞台はアジアの小国、チェンライ王国だ。どこか東南アジア的な世界観に彩られたその舞台に上るのは、なぜか人外のものばかり。「心をなくした人造人間」「魔法が使えない魔女」「カマをなくした死神」「死にたがりのアンデッド」等々、個性的な面々が揃っている。彼等は各々の目的を果たす為に勝手気ままに行動する訳だが、その行動の結果は他者に影響を及ぼして行く。現実に生きる自分達がそうである様に。

 一言で言えば、本作は群像劇として『全ての登場人物達にハッピーエンドをもたらす事』を目的に描かれている。これは現実にはなかなか難しい。例えば自分が今こうして生きている事や、ここでこうして何事かを書いている事が、誰かにとって良い影響を与えているのならそれに越したことはないけれど、実際は悪影響を与えていたり、誰かの気分を害していたりという事もあり得るし、その可能性の方が高いとさえ思える。自分にとって都合の良い事が、他の誰かにとっては不都合になる様に、また自分にとっての正義が他の誰かにとっては悪になってしまう様にこの世界はできている。誰もそこから逃れる事は出来ない。それは時に自分の存在が無意味ではないという肯定でもあり、また同時に自分が他の誰から見ても潔白であるという事はないのだという悲観でもある。できればその中で肯定的な方を信じて生きていたいとは思うけれど、本当にその通りかどうかは誰にも検証できない。全ては個人の力では把握できない規模の物事として流れて行く。
 しかし、虚構の物語の中でならば「皆がハッピーエンドになる群像劇」を描く事も出来る。酷い言い方をすればそれは「御都合主義」であり「嘘」でもあるのだが、それでもそんな嘘を許容できない社会は余裕が無い、生き難い世界ではないか。そう思う。

“「なあトウア、世の中には優しい嘘ってもんが存在するんだ。人を喜ばせてみんなが幸せになる、素敵な嘘ってもんがな。嘘をつけば良いってものでもないが、全部本当のことを言えば良いってものでもない。杓子定規に考えなくて良いんだ」”

 作中である登場人物が『優しい嘘』と口にする様に、この物語も可能な限り登場人物達の願いが叶う様に、犠牲になる者が出ない様にと進んで行く。それは現実から見れば確かに不可能事で、ある意味では嘘でしかないのだろうけれど、でもこんな優しい嘘で形作られた物語が世の中に増えて行く事を、きっと自分は読者として望んでいるのかもしれない。御都合主義ばかりもどうかと思うけれど、正直、現実の暮らしに苦味が増えて行くと虚構の物語でまで悲観的な物語を読みたくないというか何というか。

 というわけで、現実の苦味に疲れたら、たまにはこんな物語を。ちょっとおとぎ話の様な、どこか懐かしい甘味のする嘘を味わってみるのも良いものだと思う。

  

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon