この世界の中から、何を選び取るか 原作・舞城王太郎 漫画・大暮維人『バイオーグ・トリニティ 1』

 

 たまには漫画の感想を続けてみよう。というわけで、前回感想を書いた『亜人』と同じ「原作付き漫画」繋がりで、今回は大暮維人氏の新作『バイオーグ・トリニティ』を。何と原作者が舞城王太郎氏という事で、また凄い人選だなと。
 原作付き漫画といえば最近は『鋼の錬金術師』の荒川弘氏の作画で『アルスラーン戦記』が漫画化される、なんていうニュースもあったけれど、個人的には既に小説として世に出ている作品の漫画化よりも、本作の様に漫画の為に原作が提供される作品の方に興味がある。何せ小説好きなので、小説で読める作品なら漫画よりも小説で読みたいと思ってしまうのだ。

 さて、話を本作に戻す。
 個人的に大暮氏の漫画は結構好きで、『天上天下』とか『エア・ギア』とか読んでいたのだけれど、常に思っていたのは「大暮氏が原作付きの漫画を書いたらどうなるか」という事だった。

 大暮氏の漫画はストーリーが進むにつれて話のスケールが大きくなる傾向がある。最初は単純な学園バトルものだった『天上天下』は次第に前世からの因縁も含めた大掛かりな話になって行ったし、『エア・ギア』も最初は実在するインラインスケート等でもありそうな競技や技(トリック)等を扱っていたのが、次第に「玉璽(レガリア)争奪戦」「技名を叫んで衝撃波を撃ち合う潰し合い」に特化して行った。これらは良くも悪くも大暮氏の『味』なのだろうと思うけれど、敢えて悪く言えば「ストーリーが迷走しがち」だとも言える。そんな大暮氏が原作付きの漫画を書いたならどうなるかという興味があった訳だ。まあ中には原作者が原因で毎回ストーリーが迷走して行く作品もあるけれど。具体的には大塚英志氏の原作作品全般とか。あの「風呂敷を広げられるだけ広げて畳まない」作風は最早持ち芸と化している感がある。

 さて、今回原作者となった舞城王太郎氏もまた独特の作風を持った作家だと思う。というか独特過ぎてその作風を模倣しようとか追随しようとか、有り体に言えばパクろうとか思う人間が現れない位には独特だ。そんな強い個性を持つ漫画家と小説家にタッグを組ませた時、どんな化学反応が起きるか。本作はそうした実験としても面白い。
 「化学反応」なんていう書き方をすると全く性質の異なる物質同志を掛け合わせるかの様に聞こえるかもしれないけれど、大暮氏と舞城氏には共通点もある。それは結構ストレートに男女の恋愛を取り入れた作品を書いているという所だ。本作もまたその例に漏れない。何せ作中に書かれている主人公のモノローグは「…ヤバい、マジで榎本芙三歩のことが好き過ぎて俺死ぬ」だ。どうよこの直球ぶり。

 両掌に穴が空き、好きなものをその穴から吸い込んで融合する事が出来る様になる病気「バイオ・バグ」の発生は世界に混乱をもたらした。一時は世界大戦にまで発展した事態は特殊な「薬」が開発された事でようやく終息を迎える。吸い込んだものを体から吐き出してリセット出来る「薬」の登場は、バイオ・バグ発症者=「穴あき(バグラー)」によって一度は崩された世界のバランスを危うい所で保つ事に成功したのだ。
 そんな世界の中で、主人公の高校生・藤井は同級生の榎本芙三歩に片思いをしている。ある日、バイオ・バグを発症した藤井は、同じく「穴あき」である榎本に近付けた事を喜んでいたのだが……。

 この「好きなものと融合できる病気」という設定がまず秀逸だと思う。何とでも融合できる反面、一度吸い込んだものを自力で吐き出す事は出来ない。だから重要なのは「何と融合するのか」という事になる。吸い込むものの種類や数に制限は無いが、限界を超えて融合すると自我を失って暴走してしまうし、融合を解除できる薬も無制限で使える訳ではない。そんな中で、この世界の中から自分が融合するものを選ぶ、という行為は難しい。何かと融合するという行為は「好きなもの、欲しいものを買って所有する」という行為とは全く異なる意味を持っているからだ。どんな自分になりたいか。自分とひとつにしてしまいたい程求めているものとは何か。この広い世界の中から何を選び取るか。その選択が物語を駆動して行く。

 何にせよ、まだ物語は始まったばかり。漫画家と小説家の融合の結果生まれるだろう、この先の展開が楽しみだ。

 

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon