手を繋げる誰かがいるという事・三秋縋『三日間の幸福』

 

 オー・ヘンリー氏の『賢者の贈り物』という物語がある。きっと誰でも知っているだろう有名な話だから、ここであらすじを語る様な事はしない。
 最初に言っておくと、自分はこの物語が苦手だった。でも本作を読んで、その認識は少し変わった様に思う。そう、本当に少しだけだけれど。

 ウェブ上で公開されていた時の原題は『寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。』というもの。前作『スターティング・オーヴァー』もそうだったけれど、自分は文庫で出版されて初めて三秋縋氏の作品を知った。

 原題の通り、主人公である大学生のクスノキは、金に困った挙句『寿命を買い取ってくれる』という怪しげな店に足を運ぶのだが、残りの寿命である約30年と3か月の査定価格は30万円弱、つまり1年につき1万円だった。そしてそれは寿命の最低買取価格だという。
 残りの人生でどれだけ幸せになるか。どれだけ他者を幸せにするか。どんな夢を叶えるか。どれだけ社会に貢献するか。それらを基準として決まるという寿命の買取価格。それが最低だという事は、この先生きていても希望はないという事に等しい。将来を悲観したクスノキは3か月を残して自らの寿命を全て売り払う事にする。そうやって手にした30万円と、3か月に縮んだ余命。せめて残り僅かな人生で幸せを手に入れようとするクスノキと、『監視員』の女性、ミヤギとの奇妙な同居生活が始まる。
 寿命を売った者の余命が1年を切ると、その者が自暴自棄になって他者に危害を加える様な事態を防ぐ目的で監視員が付けられ、24時間監視される。もしもその中で不適切な言動があれば、残りの寿命に関わらず、監視員の通報によってその場で寿命を尽きさせるという規則の下、監視員と監視対象者という関係から始まる二人の交流は、やがて思いもよらない結末へと繋がって行く。

 まず、自分の様に既に30代も半ばの読者からすると、『寿命1年=1万円』という査定価格を突き付けられてしまうクスノキのこれまでの人生と「これから先送るはずだった人生」が他人事ではなく思えて嫌な汗をかいてしまう。
 30代になって振り返ってみれば、10代の頃の自分が『こんな大人にだけはなりたくない』と思っていた通りの嫌な大人になった自分がいる。夢を諦め、将来に対する漠然とした不安を抱えながら、気付けば日々を「生きる」のではなく「やり過ごす」様になった自分。自分の本心をどこかに置き去りにして、周囲に同調し、上司の顔色をうかがい、職場の中でちっぽけな自分の居場所を確保する事に汲々としている自分。社会に対する不満を口にしながら、世の中を変える力も無ければ自らを変える事も出来ない自分。それら全てを大人として仕方がないと割り切る事も出来ず、乗り越える事も開き直る事も出来ず、卑屈になる事でしか社会との折り合いを付けられない自分。ある意味で大人になる事に失敗した自分。そんな人間の余命に付けられる査定価格は一体いくらになるのだろうか。自分の人生がクスノキのそれより上等だという自信は、今の自分にはない。でも。

 それでも続く人生を、一体どうすればいいだろう。

 ……なんて言ってみても、結局は自分でどうにかするしかないのだけれどね。
 作者の三秋縋氏はあとがきで「作品を通して命の価値だとか愛の力だとかについて語ろうという気は、実をいうと、更々ないのです。」と書いている。では何について描く為に本作はあるのかというと、それは本著を読んで頂くのが早いだろう。しかし、作者にその気がなくとも、読者の側としては考えてしまうものだ。命の価値について。そして幸福とは何かという事について。

 きっとこの問題に、誰もが納得出来る様な答えは無いのだろうと思う。各々が、自分にとっての正解を探すしかないのだと思う。でも確かな事は、自分の存在を肯定してくれる誰かがいる事は、生きて行く上でのひとつの救いになるのだろうという事だ。特に自分で自分自身を肯定してやれない様な時には。家族でも友人でも誰でも良い。他者に救いを求める事は別に恥ではないと思うし、それを「弱い者同士の傷の舐め合い」の様に思う人には、そう思わせておけばいい。少なくとも自分は、嘲笑される事にはもう慣れている。

 皆生きて行く上でそれぞれの荷物を背負っている。中にはたった一人で様々なものを抱え込んで、重荷に潰されそうになっている人もいる。そんな事を考える時、自分が他者を欲する様に、自分自身もまた誰かの存在を肯定してやれる人間でありたいと思う。叶うならそれが『お互いに』であればより幸せなのかもしれないけれどね。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon