初代ゴジラと、ハリウッドスターとしてのゴジラ ギャレス・エドワーズ『GODZILLA』

 

 ハリウッド版『ゴジラ』としては2作目となる本作。最初に言っておくと、今回はちゃんと「ゴジラ」していたので一安心。いや、1998年に公開されたハリウッド版第1作目のローランド・エメリッヒ監督には申し訳ないのだけれど、ぶっちゃけ「二足歩行するでかいトカゲ」だった前作のハリウッドゴジラに比べれば、ちゃんと『怪獣』している本作のゴジラは見ていて安心感がある。ちなみに鑑賞したのは2D・字幕版。封切りとほぼ同時に観に行ったのだけれど、感想を書くのには少し時間を置いた方が良い気がして、個人的な宿題にしていた。

 今年はゴジラ生誕60周年であると同時に、初代ゴジラの映画音楽を作曲された伊福部昭氏の生誕100周年にも当たるメモリアルイヤーだ。そんな年に公開された映画から、日本のゴジラシリーズに対する敬意を感じる事が出来た事はとても良かったと思う。

 さて、本作の話に入る前に、まずは初代ゴジラについて。実はハリウッド版の公開に先立ち、日本でもこのメモリアルイヤーを記念した企画が催されていた。それが『第4回 伊福部昭音楽祭』である。
 この企画の面白い所は、初代ゴジラのデジタルリマスター版の全編上映に合わせ、その全ての劇伴をオーケストラの生演奏で行うという点だ。何という贅沢な企画だろうか。初代ゴジラを大きなスクリーンで観る機会はなかなか無いという事もあり、これはぜひ行きたいという事で友人と行って来た。

 第1部で『日本狂詩曲』『シンフォニア・タプカーラ』の演奏が行われ、オーケストラサウンドの迫力を堪能したところで休憩を挟み、映画の上映というプログラムだったのだけれど、休憩時間明けに予告無しで今回のハリウッド版ゴジラの予告映像が上映された。「予告無しの予告編」という事でコンサートホールも一瞬どよめいたのだけれど、予告編の最後で咆哮するゴジラを見て友人と一言。「鳴き声がいまいちゴジラっぽくない!」……いやまあ、新しいゴジラの咆哮も迫力があるといえばあるのだけれど、どうしても日本人にはあのゴジラ独特の咆哮が刻み込まれているのでこの違和感は致し方ないかと。

 さて、恐らく初代ゴジラを鑑賞したのは何十年振りになると思うのだけれど、そのテーマや作品の素晴らしさはここで再び語るまでもないので割愛する。もちろん東京フィルハーモニー交響楽団の演奏も大変素晴らしいものだった。

 そして、この初代ゴジラを踏まえた上で今回のハリウッド版ゴジラなのだけれど、これはもう初代と比較するものではないなという印象だった。本作はどちらかというと『ゴジラの逆襲』以降の、「ゴジラ対巨大怪獣」の物語を下敷にしており、「怪獣王ゴジラをいかに格好良く戦わせるか」というエンタメ方向に振り切った作品になっている。ゴジラはアメコミヒーローの様なアイコンであり、それが活躍する物語を観る事は日本人にとって、海を渡った日本人俳優やプロスポーツ選手、或いは世界大会に出場する日本代表チームを応援する時に近い心境を呼び起こす。ゴジラも初代ゴジラと本作のゴジラを比較すると随分巨体になり、よりマッシブにビルドアップされた体型になったなと思うのだけれど、そういう所も何となく日本人メジャーリーガー風だ。

 実際、本作でゴジラが米軍の攻撃を受けるシーンがあるのだけれど、戦車部隊の砲撃や歩兵の銃撃に曝されるシーン等では「フハハ、ゴジラにそんな攻撃が効くか!」と完全にゴジラ応援モードに入って観ていた。これは日本人特有のひいき目だと思う。例えば日本人メジャーリーガーが活躍すると、普段野球に興味が無い人間でも何となく嬉しいものだが、本作にもそれに近い部分はある。もちろん、特撮映画好きにとってゴジラとは「普段興味が無いプロ野球選手」以上に感情移入出来る存在な訳で、何を置いても「強いゴジラ」が描かれる事は重要なポイントだと思う。例の「ゴジラの背びれが光るシーン」の時は劇場全体が「来るぞ……来るぞ……!」みたいな一体感に包まれていて、皆これを観に来てるんだなと実感した。ティラノサウルスをでかくした様な前ハリウッド版ゴジラは、生物学的にはより正しいのかもしれないけれど、観客が見たいゴジラは生物ではなく『怪獣』なのであって、人間が太刀打ち出来ない様な圧倒的な力を持っていなければならない。恐竜と怪獣を分かつ線は、恐らくその辺りにあるのだと思う。

 そしてゴジラ共々『日本代表』として本作に出演している芹沢博士役の渡辺謙氏の好演について。御本人は『俳優日本代表』扱いには辟易しているかもしれないけれど、『ラストサムライ』以降、どうしても周囲はその様に見てしまう部分があると思う。既に様々なメディアで報じられている様に、渡辺氏演じる芹沢博士が本作で最初に「ゴジラ」という名前を口にする事になる訳だけれど、その時日本語の発音で「ゴジラ」と言う。ただそれだけと言えばそれだけなのだけれど、これは嬉しかった。自分達が知っているゴジラと、海の向こうに渡ったゴジラが、この「ゴジラ」という一言で違和感なく繋がってくれた気がする。

 初代ゴジラを念頭に置いて本作を観ると、『反核』や『人類の驕りに対する警鐘』といった重厚なテーマを如何に盛り込むかという部分を期待してしまいがちだが、本作に関してはそれらを脇に置いて、まずは娯楽映画として鑑賞する方が楽しい。自分は福島在住なので、原発問題の扱い等、どうしてもテーマ性を掘り下げたくなってしまうが、少なくとも本作を鑑賞している間は完全に娯楽映画として楽しむ事が出来た。それ以外のテーマは、映画を観終わった後に余韻として感じる程度で、そのバランス感覚は正しいと思う。

 日本で現在進行形の原発問題は「既に起こってしまった事故」であり、その検証と反省は必要だとしても「まずは事態の収拾が何よりも優先される」事案だと言える。その直近の問題が山積するテーマに対して、映画が直に言及するのは適当ではないだろう。本作で描かれるテーマもまた、直近の原発問題の様な実務的課題ではなく、もう少し一般論的な、或いは概論的なものを見据えた内容だと思う。

 日本では3.11の震災があり、地元福島では原発事故が発生した。一方で2009年にはアメリカのオバマ大統領が『核なき世界』を訴えてノーベル平和賞を受賞したが、翌年に臨界前核実験を実施した事で批判を受けた。北朝鮮も核実験や弾道ミサイル発射実験を繰り返し、水面下で着々と核配備へ向けて動いている。こうした中で自分達が、平和利用にせよ兵器利用にせよ『核』の問題についてこれからどう考え、行動して行くのか。そして発展を続ける科学技術や遺伝子工学等とどの様に向き合って行くのか。それらを考える契機が必要かと思う。その「駆け足の状態からちょっと歩を緩めて考えてみる」為のきっかけとしての『ゴジラ』があってもいいのかなと感じた。

 これを書いている現在、次回作の企画も既に進行中で、ラドン、モスラ、キングギドラの登場が予定されているそうだけれど、本作がハリウッド版『ゴジラの逆襲』だとすれば、次回作はハリウッド版『三大怪獣 地球最大の決戦』になるのだろうか。ちょっと気が早いが、今から楽しみだ。

  

テーマ : GODZILLA ゴジラ2014
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon