それぞれの戦争、それぞれの戦場 リー・カーペンター:著 高山真由美:訳『11日間』

 

 『戦争文学の新しい傑作登場』帯にそうある通り、本著は戦争文学である。しかし、米軍特殊部隊――米海軍特殊部隊SEAL――の隊員が登場する物語としては異色だと思う。

 本著は母親と息子の物語だ。9.11をきっかけに兵士となる事を決意した息子ジェイソン。やがて特殊部隊の隊員となった彼は数々の作戦に従事する。母親のサラはそんな一人息子の変化に複雑な感情を抱きながらも彼を見守るが、ある日、彼女の下に軍からの知らせが届く。それは任務中にジェイソンが行方不明になったというものだった。安否の知らせを待ちながら過ごす日々。題名の『11日間』はそれに由来する。

 本作はフィクションだが、作中では実際にSEALが関わった任務等についても短いながら言及がある等、(映画『ローン・サバイバー』でも描かれた「レッド・ウィング作戦」について。この映画は元隊員のマーカス・ラトレル氏の手記『アフガン、たった一人の生還』を元にしている)綿密な取材と関係者へのインタビュー等によって、物語のディティールを可能な限り現実に即したものにしようとする作者の意図が窺える。ジェイソンの視点で語られる訓練の体験談や、特殊部隊の隊員としての暮らし振りは実際のそれと大きくかけ離れてはいないのではないだろうか。

 本作は母親サラと息子ジェイソンの視点を交互に入れ替えながら進んで行く。父親のデイビッドは幼い息子を残してサラの下を去った。指輪も結婚式も無かった。時折送られて来る手紙や息子への誕生日プレゼント。振り込まれる生活費と「金は届いたか?」という事務的な、まるで麻薬の取引めいた電話。時々会いに来る事。それ以外に父親らしい事は何もしなかった。デイビッドの仕事は家族にすらその詳細を語る事が出来ない種類のもので、いつしかサラは詮索する事を止めていた。常に海外を飛び回っている事だけは確かな様だったが、そのせいで家族の食卓にはいつも父親の姿が無かった。そしてジェイソンが8歳の時、父は異国で死んだ。サラが最後にデイビッドに会ってから2年以上経っていた。

 未婚の母であるサラにとって、ジェイソンはかけがえの無い一人息子だ。その息子が行方不明となっても、彼がどこで何をしていたのか明かされる事はない。特殊部隊の性質上、任務の詳細は機密だからだ。ただ待つ事しか出来ない中で、彼女は息子との日々を回想する。そしてジェイソンの視点では、特殊部隊の隊員となる為の訓練や、軍務が語られる事になる。

 戦争やテロとの戦いを描いた小説を読む時、人はそれが反戦的、かつ軍事作戦に否定的な内容なのか、それとも軍関係者を称える内容なのかを気にするだろうと思う。しかし実際の物事は白か黒かというはっきりとした境界線を引けるものではない。それは愛国心に似ている。自分の国を愛する事、誇りに思う事は自然な事だ。ただそれが他者への攻撃や批判と結び付けば負の感情にもなる。また国の事を思って兵士になる事を決断した若者がいたとする。しかしそれは悲劇に繋がるかもしれない。彼自身の。或いは彼が持つ銃が向けられる先に立っている者にとっての。母と息子の物語にもその葛藤は表れている。立派に育った息子を誇りに思う事もあれば、その身を案じる事もある。息子は人を殺しているのだろうかという疑問が頭から離れない事もある。それが任務であり、自国の国益を守る為の行為だと知っていても。

 「日本人は平和ボケしている」という言葉をよく耳にする。それは実際にそうなのかもしれない。自分は戦争を知らない。兵士になった事も無い。そうした人間が戦争を語る事に対して、正直引け目を感じる事もある。実際に戦地に立った者にしか分からない事がある。いくら本を読み、報道に耳を傾け、想像力を働かせても知り得ない物事がある。しかし本作を読んで自分が思ったのは、全ての人は戦争と無関係ではないという事だ。

 息子が息子の戦場に立っている時、その母は母親としての戦場に立っている。銃弾が飛び交う事はないかもしれない。自らの手で他者を撃つ事は無いかもしれない。しかしそこは戦争や紛争、またテロとの戦いと言われる泥沼と無関係ではない。現代を生きる自分達には、それぞれの戦争があり、それぞれの戦場がある。ならば自分が今立っているこの場所から、戦争について考え、語る事はおかしい事ではない。むしろ自分達はもっと戦争について考えるべきだし、語るべきだ。そういう視点を本作は与えてくれた様に思う。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon