お金と幸せの答えを求めて・川村元気『億男』

 

 「もしも宝くじで3億円当たったらどうする?」

 そんな、誰もが一度は考えるであろう「捕らぬ狸の皮算用」を、大真面目に、真正面から小説にした様な作品。お金とは何か。幸せとは何か。本作はそんな普遍的なテーマから逃げる事無く描かれる『億男』の物語だ。

 主人公の一男は、2年前に失踪した弟の借金3千万円を返済する為、昼は図書館司書、夜はパン工場の工員として働く日々を送っている。働き詰めの生活から、妻や娘ともすれ違いが続き、今は別居状態。パン工場の寮で一人暮らしだ。生活費を除いた月の稼ぎは、全て借金の返済に消えて行く。突如として背負う羽目になった借金。壊れてしまった家庭。娘の欲しいものを買い与えてあげる事も出来ない惨めさや悔しさ。失ってしまった幸せ。きっと「お金さえあれば」と思わない日は無いであろう暮らし。しかしそんな折、一男は宝くじの当選者として3億円の大金を手に入れ、これまでの生活から一転、『億男』となる。

 心の準備もないまま『億男』となってしまった一男は、これで借金が返せるという安堵よりも先に不安に苛まれ、かつての親友にして今はベンチャー企業の創業者として億万長者となった九十九を15年振りに訪ねる事にする。しかし九十九は一男の3億円と共に姿を消すのだった。資産家であり、お金に不自由していない筈の九十九はなぜ3億円を持ち逃げしたのか。一男は消えた九十九と3億円を追って、『お金と幸せの答え』を探す長い旅に出る事になる。

 著者の川村元気氏は、前作『世界から猫が消えたなら』でも読者にとって身近な題材を選び、丁寧に描写する事で物語を紡いで行った。そこには難しい世界設定や専門用語は何もない。人間の命やお金といったテーマを通して、人が生きるという事はどういう事なのだろうか、幸せとは何なのだろうかと問い掛ける様な作風は、幅広い読者に受け入れられるだろうと思う。

 人とお金にまつわる物語というと『お金で買えない価値がある』的な話を想像してしまうが、本作が「お金なんかよりももっと大事なものがあるんですよ」「むしろお金で買えないものの方が大事なんですよ」という紋切り型の綺麗事を繰り返し唱えるだけの作品だったとしたら、そこに面白味は無いと思う。確かにお金で買えないものはあり、それは大事だ。その事を誰も否定しない。だからといって、お金が取るに足らないものだという事もない。そのバランス感覚を保ちながら物語を展開する事に意味があるのだと思う。誰でも知っている事だと思うが『お金で買えない価値がある』という台詞はカード会社のCMで使われるキャッチコピーであり、その後には「買えるものはマスターカードで」という台詞が続く事を忘れてはならない。『プライスレス』という言葉も同様だ。

 自分はそんなにお金に余裕がある暮らしをした事はない。両親のお陰で、ひもじい暮らしをした事もないが、それこそテレビに登場する大富豪の様に湯水の如くお金を使える暮らしなどというものは想像の外だ。「お金が無い辛さ」はある程度知っているが、「お金を持ち過ぎる事の辛さ」まではなかなか理解が追い付かない。しかしそれでも、この『お金』というものに、貧民も庶民も大富豪も皆関わっていて、誰一人自由ではない様な気はしている。庶民が日々の食い扶持に頭を悩ませるのとはまた異なった内容だとは思うが、大富豪は大富豪でお金というものの為に日夜頭を悩ませているのだろうと思う。事程左様にお金というものは自分達の暮らしと密接に関わっているのであり、そこから自由になる事は容易ではない。

 日々の暮らしの中で、自分達がこの厄介なお金というものとどう付き合って行くのか。お金を使うのか、お金に使われるのか。お金で買えるものは何で、お金で買えないものとは何なのか。何をもって人は幸福だと言えるのか。そんな事を考える時、この『億男』の物語は非常に興味深いと思う。

 「もしも宝くじで3億円当たったらどうしますか?」

 都合の良い皮算用ばかり思い浮かべていると、お金に足を掬われるかもしれないな、と思う。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon