ごめん、無謀だった

 細田守監督の『サマーウォーズ』の公開も目前という事で、今日は『時をかける少女』について書こうと思い、「どれ、もう一度DVD見直してから書くか」と再生したんですよ実は。ただね、それが大失敗だった。正直甘く見てた。もう何回も見直したから大丈夫だと思って油断してたね。

 今回の教訓。『いい歳をした男が誕生日の翌日に一人で時かけを見るもんじゃない』

 もう感想を書くどころの話じゃない。そんな余裕無くなりました。一瞬で。

 とりあえず自分は人間嫌いだしひねくれた性格してるんで、もう恋愛物っていうとそれだけで拒絶反応が起きるんですよ普通は。特に実写映画やドラマの類は本当に苦手で。その中でもかろうじてまともに見られるのは『レオン』とか、『シザーハンズ』とか、あの辺の変化球入ってるものだけ。『タイタニック』はどっちかというと『ポセイドン・アドベンチャー』みたいなパニック映画として見ているし、名作との呼び声高い『ゴースト/ニューヨークの幻』に至ってはまともに観てすらいない。出版業界と邦画で久しぶりの大ヒットとなった『世界の中心で、愛をさけぶ』も、これだけ本が好きで読みまくっていれば読んでてもよさそうなものなんだけど、本も映画もあえてスルーしている。
 ああ、そう考えると直球ストレートな恋愛物の実写映画で本当に好きなのって『ローマの休日』くらいだ。

 例外的に、アニメやゲームだと何故か恋愛物でもスッと心に入って来る。
 何なんだろう。やっぱり実写だと「現実にはこんな事ありえないよな」というひねくれスイッチが入ってしまって駄目なのかもしれない。小説ならまだ何とかなるし、アニメならば最初から全て虚構なわけだから、『現実には』なんて斜に構えて観る必要もないんだけどね。いや、単純にアニメ好きだからじゃないの?というのもあるけれど。

 ああ、それにしてもこの映画を劇場で観る事が出来なかったのは本当に痛恨の極み。『サマーウォーズ』は逃さない様にしないと。『時をかける少女』もそのうちちゃんと気持ちの整理を付けた上で感想が書けるといいんだけれどね。

 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon