想像力を刺激する言葉の技巧・オキシタケヒコ『おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱』

 

 人間の想像力、特に作家の想像力というのは凄いものがあるな、という『恐れ』を読者に抱かせるに十分な作品。ちなみに自分は『筺底のエルピス』シリーズを未読だった事もあり、本作が初オキシタケヒコ作品となった訳だけれど、相変わらず本読みとしては基本が抜けているというか偏食と言うか。まあそれはさておき、小説という作品形態が持っている底力を見せられた様な気がした。

 最近は漫画化、映画化、アニメ化等、小説を原作とする作品も相次いで発表されるけれど、どれも原作の魅力をいかに損なわずに別媒体に落とし込むか、そして別媒体の作品として発表する事で新たな魅力を開拓できるかという点に苦心している気がする。本読みの末席を汚す雑食系本読みとしては、それはそれで別の角度から作品を楽しめる部分もある訳だが、実際『この表現は小説ならでは』という『技』というか、技巧を見せられるのはもっと楽しかったりする訳だ。そして本作にはそうした技が凝らされている。その上で精緻に、そして幾重にも張り巡らされた伏線が次第に明らかにされて行く様は、本読みをやっていて良かったと思える楽しみを与えてくれるだろう。

 では具体的に、その小説ならではの技とは何かというと、ここで詳細を語ってしまう事は野暮なのでなるべく避けたいのだが、一般論として薄めて語るならば「日本語で書かれた書籍」という形式が可能にする技であり、日本語という言語が持つ特殊性を活かした記述の技という事になる。

 日本語で文章を書く場合、全てひらがなで書く場合と、漢字を織り交ぜる場合、更に漢字の読みにルビを振る場合など、実に様々な書き方をする事が出来る。他にも韻を踏むとか、同音異義語を駆使するとか、様々なテクニックがある。自分は海外文学を原書で読む程外国語に通じていないので比較は出来ないのだが、この書き文字の多様性を使った技は日本語独特なのではなかろうかと思う。

 仮にルビを駆使したとすれば、ライトノベルによく見られる様に、既存の言葉に全く異なる読みを被せて造語を作る事も容易い。やり過ぎると難読になるというかくどくなるというか、全体的に読み難い文章にはなるけれど。冲方丁氏が『ばいばい、アース』でやっていた『飢餓同盟(タルトタタン)』とか、やりようによっては既存の言語にあらゆる意味を上書きして行く事が出来るし、ひとつの言葉が持つ意味を多重構造化する事も出来る。

 また本作で効果的に使われているのは、意図的に句読点を廃したひらがな書きの文章だ。例えば章題には『うまれおちたるかうけうのひとつめざめたること』なるものがあるが、物語を読み進めるまでは、その内容が分かる様で分からない。読み解ける様で読み解けない。それがある程度読み進めて行く中で答えが開示されると、腑に落ちる様になっている。これは本作の登場人物のひとりであるツナが話す言葉にも使われていて、「せきついどうぶつあもんししどうぶつじょうこうちょうこうふくろうもくふくろうか」等と唐突に言われても、その言葉を聞いた主人公の逸見瑞樹――またの名をミミズク――ではないが、まるで呪文か何かにしか聞こえない(読めない)。ただこれにも、注意深く読むと答えは用意されているし、後々意味が明らかにされる事もある。

 言葉の選び方、音、言い回し。それらが読者に与える情報を制限し、誘導し、やがて解に導く。その技は小説という、言葉と文字を駆使する媒体でなければ再現する事が難しい。であるが故に、それが読後の満足感というか、楽しさに繋がっている気がする。

 古い屋敷の座敷牢に住まう少女、ツナ。その少女と出会い、以来怖い話を聞かせる為に屋敷を訪れる事になるミミズク。二人の物語は、繋がる縁によって、そして作者の巧妙な語りによって広がりを見せて行く。座敷牢の暗がりの中での密会の様だった世界の有り様が、どんどん広がって行き、それまで点と点だったものが線で結ばれ、見えなかった世界が見える様になる。伝わらなかった言葉の意味が開示され、読者の視点が高みへと引き上げられる。良い意味で翻弄される。そうした先に開示される本作の世界観は、怪談のそれではない。もっと広い、人間社会の上部構造へシフトして行く。この広がりの持たせ方は、凄く面白い。単純に楽しいし、興味深くもある。読者によっては何か教訓めいたものをその中に見る事も可能だろう。自分達の刹那的な享楽の裏側にあるものが何なのか。その果てにある世界が、どれだけ荒涼としているのか。そんな風に。

 小説を読むという事。文章を目で追い、そこから読み取れるものを自分の頭のなかで想像して膨らませるという事。人間が持っているそうした『想像力』というものが本作のひとつの鍵になっている様に、読者は様々な想像を巡らせる事で本作の本質に迫って行く事が出来る。その体験は読書ならではのもので、これだから本読みはやめられないのだと自分は思う。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon