自分自身にも労りを・汐街コナ『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』

  

 カミングアウト、という程大層な話でもないのだけれど、最初に自分の事を書こうと思う。

 実は自分は、去年の10月末頃から心療内科に通っている。

 きっかけは不眠だった。明日会社に出社しなければならないと思うと寝付けず、深夜1時を回っても布団の中でもぞもぞと寝返りを打つ日々が続いた。そして眠れても、大体2時間もすると目が覚めてしまう。そしてまた30分位は眠れない時間が続く。

 そうこうするうちに、日々の暮らしの中から心の動きが無くなって行き、毎日出社して仕事をして、帰宅してまた翌日を迎えるという流れを機械的に繰り返すだけになって行った。無感動、無関心が常態化し、何だかあらゆる物事がどうでも良くなった。

 自分で一番ヤバイなと感じたのは、好きな読書でもその傾向が顕著になって来た事だった。小説を読んでも、調子が悪い時はそれが文字の羅列にしか感じられず、少しも心に響いて来ない。目が滑る。
 やがて、書店に行って本を買って来ても、帰宅してレジ袋から取り出す事もなく部屋の片隅に放置する様になって、何だか本格的にまずい事になっているのではないかと思い始めた。好きな事なのにやる気が出ない。趣味を楽しむ気力も無く、自分が生きている事に意味を見出だせない。何なら「ここで終わり」でも一向に構わないし、むしろその方が楽になれる気がする。夜中に目が覚めて眠れない時、ふと首を吊って終わりにしてしまおうかという考えが頭をよぎる。

 いわゆる『ブラック企業』の様に、毎日長時間残業を強いられたという訳ではない。今取り沙汰されている『過労死ライン』の問題からすれば、自分は追い詰められていた訳では無いのだ。ただ、今振り返れば職場の人間関係や自分に対する会社側の評価といった面で心身を削られて行ったのかもしれないとは思う。

 ここまで書いた上でこう言うと変に思われるかもしれないが、心療内科への通院を始めたのは「仕事を続ける為」だった。自分が会社を辞めれば多少は会社に迷惑を掛ける事になる。同じ会社でもっと頑張っている人はいる。採用してくれた社長に申し訳ない。親も心配するだろう。世間体の問題もある。再就職出来るか不安もある。何とか薬で眠れる様にさえなれば少しは前向きになれるかもしれないし、自分がそこまで駄目になっていると思いたくない。

 結論から言えば、これらの考えは甘かったし、間違っていた。

 自分はその後適応障害を発症し、自分が思っていたよりもダメージを受けていたらしい事が分かった。うつ病という診断書も出てしまい、もう仕事が世間体が再就職の段取りがという段階ではなく、冗談抜きで「気の迷いで自殺する」可能性が出て来た。
 診断書を受け取ってしばし呆然とした。病院の駐車場で車に乗り込んだまでは良かったが、この後どうしたものかと途方に暮れた。思えば一度出社してから早退して病院に来るまで、上司とどんな会話をしたのかすら憶えていない。

 結局自分はその足で会社に戻り、診断書を提出して上司に頭を下げ、退職の意向を伝えた。それがつい先日の事だ。そして来月には退職する事が決まった。

 それから少し心が軽くなり、書店に立ち寄った時、自分は本著を手に取った。書かれている内容は凄く共感できるものだった。漫画だから読み易いという部分もあった。
 『「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由』というタイトルの通り、ストレスを抱えて心が弱っている人は「今の状況に耐えて会社に通い続ける」という選択をしがちだと思う。本著にある様に、それ以外の選択肢が見えなくなっているのだ。会社を休むとか、思い切って辞めるとか、そういう選択肢を自分で塗り潰して無かったことにしてしまう。

 自分の事より他人の都合を優先させてしまう人は更に要注意だ。それが無理なく出来ている間は、ある意味『優しさ』であって美徳でもあるかもしれないし、自己中心的で周囲を振り回す人よりも良い生き方に思えるかもしれない。ただ自己中心的というのも行き過ぎれば批判されるし他人に迷惑を掛けるかもしれないが、「自分を大事にする」という事はどこかで意識していないと自分で自分を追い込み、場合によっては潰してしまう。最終的に自分の心を大事にしてあげられるのは、守ってあげられるのは自分しかいない。

 心のダメージを自覚するのは、自分の心でも他者の心でも難しい。心は目に見えないからだ。自分が傷付いている事にも、他者を傷付けている事にも気付き難い。

 自分が読書好きになったきっかけの作品のひとつに、福永令三氏の『クレヨン王国のパトロール隊長』という作品がある。この作品の中には、人の心を映像として映し出し、可視化する事が出来るものが登場する。映し出されたハート型の心を拡大して行くと、そこに地割れのように蔓延っている傷が見えるというものだ。そのシーンを思い出して、久し振りに電子書籍版で読み返したのだけれど、これが、弱っていて、小説を読もうとすると目が滑る様な今の自分には丁度良かった。作者が登場人物や読者に向ける眼差しは誠実で、優しい。児童文学を読むのはそれこそ何十年振りだろう。人間には、時に立ち止まって振り返るという事が必要なのかもしれない。

 今、不安はある。次の仕事を探さねばならないし、そこが今よりも良い場所である保証もない。ただ、「日々を生きる事」がいつの間にか「毎日をやり過ごす事、耐える事」に変わってしまった時、本書の様な作品から気付きを得て、立ち止まり、自分の心を見つめ直す事は必要なのだろうとも思う。自分が本作に出会ったのは退職を決めた後だったが、今迷っている人、日々を生きる事が重荷になってしまっている人に、一度立ち止まって本著を手にしてもらいたいと思う。

  

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「生きる為に働く」という行為は結構危険なことだと思っています。
働くことは本来、生に彩りを与えるための行為です。

しかし働いているとお金だとか、時間の使い方に振り回されて、知らないうちに消耗します。
突き詰めていくと自由という概念が失われて、仕事のために最適化されていき、真面目な人間ほど「仕事するついでに生きる」ようなスタイルに自分を縛っていくようになります。

自分は本作ではなく、京大卒無職でハッピーに生きるpha氏の「ニートの歩き方」を読んで摩耗した心が洗われるような思いを経験しました。本に限らず他人の視点というやつは重要で、自分の知らなかった気づきや、思いを言葉にする手助けをしてくれることがあります。

今は良い時代です。
人に相談することが苦手ならインターネットに思いをぶちまけるなり、本を読むなりで解決の糸口はたくさんあります。「立ち止まる」ことや「あきらめる」こと「逃げる」ことは存外社会に出ても教えてもらえなかったりします。
その結果、逃げ道を失った人間にこそ本作の需要があるのでしょう。

一言、添えたかっただけなのですが長くなり申し訳ございません。
黒犬さん、お大事に。

>たろふさん

お気遣い頂き、ありがとうございます。退職を決めた事で、少し持ち直してきた様な気がします。

思えば自分が学生だった頃はまだ『ニート』という言葉は無かった様に思います。
小中学生の頃はまだ「真面目に勉強して学歴を付けて良い会社に就職する事」が人生の最適解の様に言われていましたね。その後、終身雇用制度が崩壊し、リストラの嵐が吹き荒れ、就職氷河期がやって来て非正規雇用が増えました。

そんな時代に社会に出た自分ですが、教育によって受けた影響は大きく、どうしても「皆と同じに出来ない人は駄目な人」「会社勤めが出来ない人は問題がある人」「不平不満を言わず、与えられた仕事を黙々とこなすのが良い大人」という固定観念で自縄自縛に陥っている所があります。

要するに、仕事を休むとか、会社を辞めるとか、周囲に痛みを訴えるという事が苦手なんですね。皆と同じに出来ない事を、「悪い事だ」「自分は駄目なんだ」と感じてしまう。自分が駄目な奴だと認めたくないから、「逃げる」という選択肢を自分で潰す訳です。本当は一度逃げる=距離を置く事でより良い生き方が得られるかもしれないとしても。

今回はさすがに周囲も「しばらく仕事から離れれば」と言ってくれているのですが、それでも退職したら即再就職先を決めないと、と思ってハローワークの求人情報に目を通したりしてしまいますね。無職になる不安と後ろめたさを拭い去ろうとして。

自分が中年になって思う事なのですが、今の子供達は教育の中で「本当は多種多様な生き方が存在する」という事を教わる機会があるのでしょうか。例えばいじめによる自殺等のニュースを見ると、「学校から逃げてもいい」という事を、誰か言ってあげられなかったのかと思います。恐らく彼等にも『「死ぬくらいなら学校辞めれば」ができない理由』があったのだと思いますが、恐らくそれは「学校に行くか、さもなくば死ぬ」以外の選択肢がある事を気付かせてあげられる人が誰もいなかったからであり、彼等自身も自分の内に秘めた辛さを周囲に吐露出来なかったからなのではないかと考えます。思い返せば自分もそうだった様に。そういう意味では教育のあり方は昔から何ら変わっていないのではないかと危惧してしまいます。

本当は、世界は広いという事。今の自分に見えている以外の選択肢もあるのだという事。

短く言えばそれだけの事なのですが、それに気付く事の難しさがある事も事実だと思うのです。

自分も今後はあまり無理をしない範囲で、時には自分自身のケアもしながらやって行こうと思います。たろふさんもどうぞ、ご自愛下さい。ありがとうございました。
プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon