かつて帝王であった僕等の為に・上遠野浩平『ブギーポップ・ビューティフル パニックキュート帝王学』

 

 『美しさ』というものについて考えてみる。

 物事の美醜の判断というものは、当然個人の主観によるところが大きいのだろうと思う。単純に誰かを見て、その外見が整っているとかいないとか、好みだとかそうじゃないとか、そんな単純なレベルの話でもそうだし、例えば誰か声の大きい人が「美しい国」とか言って国家という大きな枠組みの目指すべき方向性を指し示そうとする時に、「あの人の言う『美しい国』っていうのは、結局のところどんな国のあり方なんだろう」という事がいまいち受け手である自分にはピンとこなかったりする事もそうだ。

 『美しさ』というと単純で、誰にとっても自明で、自分が美しいと感じるものは他の誰にとっても同様に美しいものである筈だ、というのは残念ながらそう思っている個人の願望であったり、幻想であったりする。どんな形であれ美しさを感じさせる要素を内包しているものは人を惹き付けるから、それに魅せられてしまっている側はある意味心酔してしまって、そのものの美しさ=価値や正しさが絶対的なものであると思いがちなのだけれど、それはやはりどこまでもそのものを美しいと感じている自分の心の中だけに響いている美しさなのであって、同じものの前に立っても別の誰かは素通りするのかもしれず、もっと酷ければその美しさを否定されてしまう事もままあるのだろう。

 自分が感じている『美しさ』は、決して他の誰かと共有することは出来ない。

 そんな事を言っても、価値ある名画や美術品ならば、それを一目見ようと大勢の人が美術館に足を運ぶのだし、多くの人が認める、誰もが共有出来る美しさというものがある筈だ、と思うかもしれない。でも、例えば同じ絵画の、同じ彫刻の前に立って、同じ様にそれを美しいと感じている人達の心の中に響いている美しさは、本当に同じ美しさなのだろうか。

 昔聞いた話で、ある画家か彫刻家か忘れてしまったのだけれど、その人が『私の世界』という言葉で同じ様な事を言っていたのを思い出す。

 自分達は同じものを見て、同じものを聴いて、同じ様な街に住み、同じ様に暮らしているけれど、でもその目に映っているのは、きっと『同じ世界』ではなくて、人それぞれが決して他者と共有出来ない『私の世界』を見て、感じて、その中で生き、その中で死ぬのだという事。こう書くとニヒリズムの様に感じるかもしれないけれど、でもそれはある意味で、やはり事実なのではないかと自分は思う。

 今はSNSが個人を繋いで行く社会で、ネットに目を向ければそこにはたくさんの「いいね」が転がっている。動画投稿サイトにはチャンネル登録数や高評価の数といった尺度があるし、何かを買うにしても商品やサービスを評価する星の数を自分達は気にする。そこにあるのは価値観の共有と並列化だ。皆が評価しているかどうか。皆が良さを認めているかどうか。そして、皆が美しいと感じているかどうか。

 そんな事を気にして生きるのは、きっと安全安心が欲しいからだ。品質が保証されたものを求めたい。失敗したくない。誰かに笑われたくない。否定されたくない。それは正しい反応だけれど、でも自分達はきっと、その安心と引き換えに『帝王』の椅子から降りてしまったのだろう。心の中の帝王の座は、それからずっと空のままで、自分達はそこに据える「自分以外の誰か」を探し続けているのかもしれない。

 もう使わなくなった学習机の引き出しを開けた時に、その奥の方から出て来る、例えばちょっと模様の入った石ころみたいなガラクタの類は、きっとその時の――帝王であった時の――自分の中では価値があるものだったのだと思う。美しいものだった。宝だった。そんなものに価値はないのだという誰かの声など耳に入らなかった頃の名残。それはかつて帝王がそこにいたという事の証の様でもある。そして帝王が忘れて行った宝は、きっと自分の心の中にもあるのだろう。あちこちに、今もまだずっと。単に自分がそれに目を向けなくなっただけで。

 かつて帝王であった自分達は、今は空になったその玉座に、様々なものを座らせてみる。でもよく見ればその椅子は自分が作った、自分の為だけの椅子だから、他の何を座らせてみてもしっくりこない。ではやはり自分がもう一度その椅子に座るしかないのかと思いつつ、それはやはり、恐ろしくて出来ないのだった。誰かの目が、批判される事が、失敗する事が怖い。恐れを知らなかった頃の自分には戻れない。これが私だ、なんて誰に対しても胸を張って見せられる様な自分なんて、もうここにはいない。

 でも、どうだろう。これはそういう、悲しいだけの話なんだろうか。
 誰もがいつかは通り過ぎる、避けられない挫折であり、傷なのだろうか。

 傷は傷として抱えたままで、空になった玉座はそのままで、気付けば自分達はそれに背を向けて歩き出してはいないだろうか。自分でも気付かない内に固く握りしめた拳をポケットの中に隠す様にして。そしてその拳の中には、どこかで拾った、自分にとっては価値のある、美しいと感じられる、でも他に何の裏付けもない宝が――あの日の石ころみたいな宝が――入っているのではないか。そうであって欲しいと、僕は思う。

 (で、他人なんてどうでもいいのか、誰かに認めて欲しいのか、結局どっちだよ)
 (そんな簡単にどっちか選べたら、こんなに悩んでないって)

 BGM “This is Me” by Keala Settle

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon