FC2ブログ

未来に続く、祈りの為に・伴名練『なめらかな世界と、その敵』

 

 本作を読み終えた今の気持ちを、どうやって書き残したら良いか分からない。
 だから書きあぐねている気持ちの輪郭をなぞる様な迂遠な文章になってしまうかもしれないけれど、それでも書き残しておこうと思う。

 SFが好きだ。

 なぜ?と問われれば、「好きだという気持ちは確かなのに、理由を聞かれるといつも上手く答えられない類の質問」なのだけれど、本作を読み終えた今、なぜ自分はSFが好きなのだろうと改めて自問自答すると、その答えは「それは祈りだから」という事になるのではないかと思う。

 自分は大学時代に仏教美術を専攻していた。寺の跡取りでもないのに仏教を学ぼうと思ったのは、まあ色々と理由があったのだけれど、宗教について本気で学んでみて得られた知見として、「人間は常に『物語』=『生きる意味』を求めて来た事」「救いを求める気持ち=『祈り』が形を得たものが仏像をはじめとした仏教美術として継承されて来た事」の2点がある。

 例えば疫病や飢餓、或いは戦争で人が無差別に死んで行く時、彼等の死と、生き延びた者の生に理由はない。理不尽に、無作為に、ある者は死に、ある者は生きる。その中で生まれるのは、「自分達の生死には、人生には、そもそも何の意味も無いのではないか」という疑義であり無力感だ。

 仏教に限らずあらゆる宗教は、その「本当は無意味(無価値)かもしれない生」に物語を与える為に生み出されたといっても良いのではないだろうか。死後の世界や復活を描く事、来世や彼岸を描く事で自分達の生きる今と未来に「意味をあらしめる」事。かつて宗教はその様に人々の心を、あくまでも現世で救済しようとした。自分達がこの生命を生きる事には、確かに意味があるのだと。

 そして、そうした生きる意味や価値といった「目に見えない概念」を、視覚的に、感覚的に捕まえて、人々の目の前に現出させようとする行為が、仏教においては仏像であり、寺院建築であり、書画といった仏教美術の役割だった。『悟り』という概念を言葉だけでは捉え切れないから、悟った人(覚者)の像として仏像があったし、曼荼羅は精神世界の縮図だった。また中尊寺金色堂などは浄土の具象化だった。それは言い換えれば、人が救われたいという『祈り』を形にして、目で見て手で触れられる様にあらわす試みだった。

 人は昔から悩み苦しみ、そこから救われたいと願い、祈って来た。その生に、現代人と変わる所があるだろうか。

 自分達は今、自宅にいながらにして世界中の情報にアクセスし、地球の裏側で何が起きているかまでリアルタイムで知る事が出来る。遠く離れた人と会話する事も出来る。SNSを通じて不特定多数の人々と繋がりを持つ事も出来る。それは過去の人間からすればまるで神の御業か魔法の類だ。でも自分達はそこまでの社会を築いた今になってもまだ、過去と同じ様に「生きる意味」や「救い」を求めている。

 ならば現代にも、かつて宗教がその役割を果たした様に『物語』が必要な筈だ。

 それがSFなのではないかと自分は思う。

 現代だからこそ生じている問題を掬い上げて、そこから生まれている苦しみや『生き苦しさ』に目を向け、物語という形に昇華する事。現在から未来へ、或いは過去へと自由に意識を飛ばし、「あり得るかもしれないもうひとつの世界」を描いてみせる事によって、「今自分達が生きているこの世界」と対比させる事。そこから得られる「新しい視座」「新たな視点」が、日常を生きる事に汲々としている自分の様な人間には見出だせない、新しい気付きを与えてくれる。だから自分は感動するのだと思う。

 誤解を恐れずに言えば、その物語で描かれる世界がユートピアか、ディストピアかといった違いは些事であって、作者が今この世界に向ける眼差しがどんなものであり、その先にある未来にどんな景色を見ているか、どんな祈りを抱いているかを自分は読んでいるのかもしれない。

 本作で言えば、収録作には様々な『分断』が描かれている。

 表題作『なめらかな世界と、その敵』では、異なる世界を生きる二人の姿が。
 『シンギュラリティ・ソヴィエト』では、東西冷戦という現実の歴史における思想的な分断と対立から飛躍して、人工知能と人間、更にはそれを超えて行くものとの関係が。
 『ひかりより速く、ゆるやかに』では、異なる時間の流れに分断された人々の人生が。

 そしてまた、『人間の心や関係性』の問題も描かれる。

 『ゼロ年代の臨界点』では好意や敬意と表裏一体の愛憎が。
 『美亜羽へ贈る拳銃』『ホーリーアイアンメイデン』では、他者からの干渉や自らの意思によって人格が書き換えられる中で、何が本当の自分と呼べるものなのかという事が。

 そして、全体を読む事で、作者がこの現実の世界に対してどんな景色を見ているのか、どんな未来像を見ているのか=祈りを抱いているのかを、読者は感じ取る事が出来る。

 世界の『分断』については、『繋がり』を取り戻して行く物語を。
 『人間の心や関係性』の問題では、不器用でも、すれ違いがあろうとも、目の前の他者に手を伸ばそうとする事、分かり合おうとする事を。そしてそれが容易には叶えられない悲哀を。

 そうした未来を希求する事。その祈りをもって現実の潮流に抗おうとする事。言葉では言い表しきれないものを、同じ言葉である小説によって捕まえようとする事。(例えばそれは、複雑な世界観を『なめらかな世界』というたった一言で言い表してしまう様な技巧で実現されている)それらを積み重ねて行った先に、まだ多くの人が辿り着いていない場所に、皆を連れて行く事。そしてそこから見える先の景色に触れさせる事。

 それらを成し遂げる存在だから、自分はSFが好きだし、小説家を敬愛するし、自分も読者としてその後に付いて行きたいと思うのだ。少しでも先の景色をこの目で見る為に。少しでも明るい未来に触れる為に。

 そして現実の側を、望むべき未来に引き寄せる為に。

 それがこの世界に対する、今の自分の祈りだから。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon