FC2ブログ

夢を無くした世界で、拳を固く握り締めながら チャック・パラニューク:著 池田真紀子:訳『ファイト・クラブ』

 

 自分は職場の会議室で、両手にボクシンググローブを着けて立っている。目の前にはパンチングミットを着けた上司が、トレーナーよろしくゆらゆらと両手を動かしながら、自分の動きを待っている。

 「さあ打って来い。ワンツーだ」

 自分はぎくしゃくした動きで左のジャブと右のストレートを繰り出す。それでも殴っているのがパンチングミットだから、それなりに良い打撃音が響く。自分の拳が届く前に、上司が構えるミットが迎えに来ているからかもしれない。

 机も椅子も片付けられた会議室の白い床はリング上に見えない事もない。そこでひたすらワンツーを打ち続ける。上司は余裕綽々でそれを捌く。時々わざとミットをずらしてパンチを避ける。勢い余ってよろける自分を、上司は嗤う。

 自分はこの上司が心底嫌いだった。

 自分が本当に殴りたかったのは上司の腹だった。顔面だった。いつだっていい加減にしろよと思っていた。本当に殴りかかったとしても、上司はきっと難なく躱しただろう。「ボクシング経験者に素人のパンチなんて当たらない」と口癖の様に言っていた。もうひとつの口癖は「ボクシングはいい。相手を全力で殴っても、怪我をさせても罪にならないから」だった。

 自分はこの上司が心底嫌いだった。

 思考も嗜好もマッチョで、声がでかく、粗暴でパワハラ気質で、自分が絶対に正しいと信じて疑わない自信たっぷりのこの男が嫌いだった。社員を大声で叱責する時に、本当は手を出したくてうずうずしているのがまるわかりな所が嫌いだった。元プロボクサーである事を誇りにして、若い頃の武勇伝を語って悦に入るこの男が大嫌いだった。

 そんな人間と、会議室というリングの上で向き合っているのは、自分が社員で、彼が実質的な経営者だったからだ。自分にとって彼の「思い付き」や「誘い」は「業務命令」だった。彼にとっては部下とのスキンシップやコミュニケーションといった単なる遊びだったかもしれないが。

 でも、『ファイト・クラブ』を読み終えた今なら、本当の理由はそんなものじゃなかったんだという事が分かる。

 自分が上司とリング上にいるのは、ここが『敗者のファイト・クラブ』だからだ。
 自分の力で「何者か」になる事に失敗した者達の吹き溜まりだったからだ。


 本来の『ファイト・クラブ』では、男達が互いに戦い、殴り合う中で、自分を縛り付ける日常や価値観、常識といった軛から解放されて行く。たったひとつの世界に、常識に閉じ込められていた自分を、新たな世界に叩き込む事。その開放の先に見えるものを掴みに行く為に、閉塞した今の世界を自分ごと叩き壊す事。その為に必要なのがむき出しの暴力だとしても彼等はもう立ち止まらない。

 なぜそこまでする必要があるのか。それは、自分達を取り巻く現在の社会が、それだけ強固に個人を縛っているからだ。

 現在、個人の価値は様々なもので計られる。そして資本主義社会では、物の価値も人の価値も金銭で表される。どんな仕事をして、いくら稼ぎ、どんな物を買うか。生活は豊かか貧しいか。貯蓄は? 昇給は? 賞与は? 比較、比較、また比較だ。過去の自分との比較、同僚との比較、他人との比較、平均値との比較。勝ち組と負け組。上流と下流。富裕層と貧困層。自分はどこにいて、上には誰がいて、下には誰がいるか。それによって個人の価値が判断される。人に値札が付けられる。

 そんな中で、いつまでも夢を追い掛けていたいなんていう奴は、バカ呼ばわりされる。

 元プロボクサーの上司は、創業者一族の一人だった。いつかは自分も重役にならなければならない事は本人が一番よく分かっている。喧嘩をしたり、バイクを乗り回したり、リングの上で他人を殴ったりする事は彼なりのモラトリアムだった。その中で、ボクシングでプロになれた事は、いずれ与えられる社会的地位とは違って、自分で掴んだ成果だった。勲章だった。だから引退してからも元プロボクサーだった事が自慢だった。

 本人は否定するだろう。仕事でだって自分は成果を上げているし、重役である事を無理強いされている訳じゃない。いずれ自分はこの会社だって自分が望む方向性に作り替えてみせる。自分色に染めてみせるんだ。そう言うだろう。でも自分は思うんだ。貴方が拳を振るっていた過去は、いずれ自分が社会の価値観に縛られる事を受け入れる為に必要だったんだろうと。『一度は気が済むまでやったんだ』という実績を得て、それを糧にして、自分勝手に振舞う事が許されていた時代を埋葬して、不自由な社会で生きて行く覚悟を決める為に必要な事だったんだろうと。

 そしてそれは、自分だって同じ事だ。

 大学を卒業してから、おとなしく地元に帰って就職先を探すのが嫌で、夢を追い掛ける様な事を言ってフリーターを続けていた。学問の世界に未練があったし、大学との繋がりが断たれてしまうのも嫌だった。そして同じバイト先で知り合った奴は、劇団員だったりバンドマンだったり、自分と同じ様に社会に溶け込めない理由を『夢』と言い換えて生きている様な連中ばかりで、皆、社会に押し着せられる役割以外の「何者か」になる為にもがいていた。

 でも、今思えば現実と戦っていた訳じゃない。
 いつか現実に捕まるのが怖かった。

 自分が無価値である事を、自分の選択が間違いだった事を思い知らされるのが恐ろしかった。だから問題の解決を先延ばしにしていたかった。夢に縋って、でもそれを叶えるだけの力は無かったから、途中で折れた。もっと真っ当な仕事をして、金を稼がなければ生きて行けないんだ。そろそろ大人にならなきゃいけないんだ。これは仕方がない事なんだと自分に言い聞かせた。

 結果、自分は地元に帰って死んだ様に働く事になった。自分と似た境遇の上司に拾われて。

 自分はこの上司が心底嫌いだった。

 かつて自分と似た挫折を味わったであろう、ある意味で自分と似た者同士の上司の姿が、鏡に映った自分の姿を無理矢理見せられている様で大嫌いだった。

 自分はタイラー・ダーデンじゃない。

 アナーキストの様に、今ある秩序を暴力で破壊して自分の意志を押し通す様な強さやしたたかさを持ち合わせてはいない。他人からの非難を恐れない様な意志の強さもなければ、自分には失うものなんてない、という様な開き直り方も出来ない。

 だから流れ着いた。『敗者のファイト・クラブ』に。

 ここにあるのは秩序を打ち破り、殻を割って外に出る為の暴力じゃない。
 モラトリアムな時代にだけ許されていたわがままを懐かしんで、そっと指先でなぞる様な懐古主義と、傷の舐め合いや慰め合いの様な弱々しいやり取りがあるだけだ。音だけは勇ましくパンチングミットを鳴らすワンツーは、実際のところ何者にもなれずに社会に取り込まれた人間の溜息だ。それ以外の意味なんてない。何も変えられやしない。

 だから、今振り返ると思うんだ。

 あの時、自分は上司の腹にボディーブローを叩き込むべきだった。
 上司の顔面を全力で殴り付けるべきだった。

 それが出来るか出来ないか。当たるか躱されるかは問題じゃない。
 自分はタイラー・ダーデンじゃないかもしれないが、だからといって会社の奴隷でもなければあんたの玩具でもないと言ってやる機会を逃すべきじゃなかった。もちろんそんな事をしたらキレた上司にボコボコにされただろう。でもあの時反抗できなかったせいで、その後数年をかけて自分は摩耗して行った。毎月の給与を滞りなく受け取る権利を上司様から授けて頂く代わりに、本当に欲しかったものを、本当に大切だったものを見失った。

 そしてそれは、今でも取り戻せていない。そんな気がする。
 これからそれを取り戻せるのかという事も、もう分からない。

 戦うべき時に戦えなかった後悔というのは、そういう事だ。
 夢を叶えて、自ら何者かになる事が出来た人間には嗤われるだろう。でも夢が叶わなかった後の世界で生きて行く事になる人間だっている。自分の様に。

 自分が本当に殴りたいのはあの頃の上司じゃないのかもしれない。不甲斐ない人生を生きている自分自身なのかもしれない。だからきっと夢の中で自分自身に会えたなら、自分はこう言うだろう。

 「おれを力いっぱい殴ってくれ」

 殴り返す為の拳を、固く握り締めながら。
 そして心ゆくまで殴り合おう。『ぼくらはぼくらだ』っていう言葉が、信じられる様になるまで。

 

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon