沙村広明『シスタージェネレーター』

 自分は短編集という奴が好きだ。
 特に漫画だと一人の作家が複数の連載を同時進行するなんていう事は稀なので、一つの作品の連載が続いている間は同じ作家の他の作品を読むという事が出来ない。当然自分の好きな作家であればメインの連載が人気を博して長く続く事も嬉しいのだけれど、読者というのは貪欲なもので、時にはその作家の違った側面も見てみたいものなのだ。そういう欲求に読み切り作品や短編集は応えてくれる。

 沙村広明氏も『無限の住人』を長期連載していて、自分はそちらも読んでいるのだけれど、主に上の様な理由でこの短編集も楽しめた。以前出した短編集『おひっこし』に収録された『少女漫画家無宿 涙のランチョン日記』(あらためて書くと物凄いタイトルだなこれ)の中では、女性編集長の台詞として『ダメ 寒い つーか時代劇作家にギャグとかやらせんな』という自虐的なネタもあったのだけれど、自分は沙村氏の描くギャグ漫画も結構好きだ。

 人によっては、短編を描く位だったらメインの連載を先に進めて欲しいという声もあるとは思う。しかし自分からすると、例えばメインの連載以外の読み切りや短期集中連載等無しに、デビューから一つの作品だけを長期連載し続けている作家等は、それだけ作品に人気があるんだろうと思う反面、その力を発揮する場が限られている訳で、少しもったいない気もする。
 漫画ではないけれど、『機動戦士ガンダム』で有名なアニメ監督の富野由悠季氏などは、もうロボットアニメ、特にガンダムの新作を作り続ける事を課せられたかの様な経歴で、もしあのガンダムの商業的成功が無かったら、もっと別の可能性があったのではないかと思う事もある。

 話を戻す。『シスタージェネレーター』に収録されている各作品には女性の登場人物が多い。それも、よくある漫画の登場人物の様に、男性にとって都合の良い萌え記号の集合体的なキャラクターとしての女性ではなくて、皆どこか生々しい部分がある。言い換えれば強いし、したたかだ。
 これは他の作品でも同じ事が言えると思うのだけれど、沙村作品に登場する女性は皆この傾向があって、それとは対照的に男連中はもうどうしようもない。『おひっこし』の遠野とかバローネとか。それ以外にも、『無限の住人』の万次と凶は歩く妹根(シスコン)だし、黒衣や尸良は掛け値なしの異常者。天津にしても槇絵には敵わず、その甘さから幕府の裏切りに遭って流派壊滅の危機に陥る。

 そして多分、現実の男女差というのも今日ではこんなものなんじゃないだろうかと思う。

 男が「黙って俺に付いて来い」とか言ったりする時代も過去にはあったんだろう。でも今日そういった亭主関白、男尊女卑的な価値観はそれこそ演歌とオタク文化の中くらいでしか生き残っていない。オタク文化の中の女性キャラ像は必ずしも演歌で歌われるそれと同じではないけれど、男の願望を都合よく体現してくれて、更にメインの読者である男性を傷付ける事無くちやほやしてくれるという意味において大差無い。

 そういう『皆こういう女性キャラが好きなんだろ』的な紋切り型の漫画にケリを入れ、返す刀で男のダメさ加減を容赦なく抉るという意味でも、沙村氏の漫画は秀逸だ。これからも長編、短編を問わず頑張ってもらいたいと思う。

 

テーマ : 漫画の感想
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

黒犬

Author:黒犬
映画と小説を主食に生きている。
地方の片隅で今日も黙々生息中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
Twitter
リンク
RSSリンクの表示
Amazon